ニュース

米国女子Qシリーズの最新ゴルフニュースをお届け

2023年 Qシリーズ
期間:11/30〜12/05 場所:マグノリアグローブGC(アラバマ州)

痛恨ダボも“予選通過” 馬場咲希は残り2日へ「失うものない」

◇米国女子◇Qシリーズ(最終予選会) 5日目(4日)◇マグノリアグローブGC(アラバマ州)◇クロッシングコース(6664yd、パー72)、フォールズコース(6643yd、パー71)

「落ちろ、早く落ちろ」――。ラフから向かい風に打ち出したショット。感触と、ボールの飛び出し方でフライヤーしたと分かった。後半16番、グリーン手前の池を警戒した馬場咲希の9Iでの第2打は、願い届かず奥のペナルティエリアへ。終盤のダブルボギーに背筋が凍る思いがした。

<< 下に続く >>

6日間108ホールの戦いは、この第4ラウンド終了時に上位65位タイまでのカットがあった。4アンダー47位からフォールズコースをプレーした馬場は序盤から通過ラインと格闘。5番(パー5)で2オンからバーディを先行させながら、続く6番(パー3)でティショットをグリーン左手前に外してボギーとするなど、前半はチグハグした展開を続けた。

後半11番(パー3)で3mのチャンスを生かし、14番でも4mを沈めてバーディを2つ決めた。上り調子だったからこそ、16番のダボは痛すぎた。カットライン上の通算3アンダーへの後退に「ちょっとヤバいとなんとなく分かっていた」と緊張感が一気に増した。

自らを追い込んだ窮地で、18歳はもう一度奮い立った。17番で左奥に切られたピンを攻めこみ、3m弱を流し込んでバーディ。「パットがそれまで打ち切れてないというか、思ったところに打てない感じだった。とにかく、そういうのもひっくるめて自信を持ってパットした。外れてもいい。悔いのないパットをしようと思って」。バンカーに2回捕まった最終18番(パー5)でも微妙なラインの2mを強気に沈めてパーセーブ。「最後にやっとガツンと打てた。決め切れて良かった」と納得した形でホールアウトした。

4バーディ、2ボギー1ダブルボギーの「71」。スコアを前日の4アンダーから伸ばせなかったが、58位に踏みとどまり、残り2日での巻き返しに挑戦できる。

来季のメンバーシップを得られる45位タイ(現在40位タイ)までは2打、より優先的な出場権獲得となる20位タイ(同18位タイ)までは6打と、差は小さくない。粘った一日と、残りの2ラウンドがいずれもクロッシングコースで行われることに希望を見出す。「初日(69)と3日目(68)にクロッシングでアンダーパー。良いイメージも少し残っているホールもある。あしたはそれを生かせたら」

ルーキーイヤーの職場を占う戦いは大詰め。「あと2日は失うものがない。思いっきり悔いのないように攻めて頑張りたい」と死力を尽くす。(アラバマ州モービル/桂川洋一)

2023年 Qシリーズ



あなたにおすすめ


特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!