ニュース

米国女子TOTOジャパンクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

11年ぶりブランクVに藤田さいき涙「私もあきらめたらいけない」

◇日米女子ツアー共催◇TOTOジャパンクラシック 2日目(4日)◇瀬田ゴルフコース 北コース(滋賀県)◇6616yd(パー72)

前週の国内ツアー「樋口久子 三菱電機レディス」で金田久美子が11年ぶり優勝。帰りの車中で見守っていた藤田さいきはもらい泣きしたという。「普通に感動しました。すごい。私もあきらめたらいけないなって。彼女の優勝は色んな人に勇気を与えたと思います」と話した。

<< 下に続く >>

ツアー5勝をマークする藤田は今季2位が3度で、優勝は2011年「富士通レディース」が最後。「クミちゃんが17番でバーディを取ったあたりでウルウルしてきちゃって、18番のティショット打ったあたりからLINEの文章を考え出して、優勝が決まった瞬間に送っちゃった」

自身への優勝への思いもますます高まった。1アンダー30位からスタートした大会2日目、藤田はボギーなしの6バーディ「66」でプレー。4つある全てのパー5でスコアを伸ばし、11番では4m弱のパーパットも沈めた。

「きのうはパッティングでショートすることが多かったけど、きょうの同伴プレーヤーが強気のパットをしていて。つられて(自分の)パッティングも良くなった」

今大会は36ホールでボギーなし。「ボギーが少ないのは良いこと、引き続き頑張ります」と声を弾ませた。トップと3打差5位での折り返し。“2週連続”となる11年ぶりVへ、絶好のチャンスにつけている。(滋賀県大津市/石井操)

関連リンク

2022年 TOTOジャパンクラシック



あなたにおすすめ

特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!