ニュース

米国女子KPMG全米女子プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

日本に戻らずメジャー連戦 西郷真央「質のいい練習ができた」

2022/06/23 09:51


◇海外女子メジャー◇KPMG全米女子プロゴルフ選手権 事前(22日)◇コングレッショナルCC(メリーランド州)◇6894yd(パー72)

3週前の「全米女子オープン」でメジャー初出場を果たした西郷真央は、その後も米国にとどまって調整を重ね、今週を迎えた。

<< 下に続く >>

コングレッショナルCCにも近いエリアのゴルフ場で2週間、みっちりと練習。「練習場で練習したり、ラウンドもさせてもらって。『この試合(全米女子プロ)に出るために日本に帰らずに…』と説明したら、『いつでも来ていいよ』と言っていただき、すごくいい環境で練習できた。ホントにありがたい環境でした」と感謝を口にする。

日本との違いも実感した。「(午後)8時くらいでも明るかったりするので、練習したら、あっという間に時間も過ぎていく。オフのときの練習で、なかなか芝から打てるコースって(日本には)ない。芝からだと、自分の中で無駄な動きが出ることが多いので、今後につながる課題であったり、ここに向けた準備もそうですけど、練習自体の質も良かった」。毎日をひたすらレベルアップに費やし、2度目の海外メジャーに臨む。

全米女子オープンでは初日18位と上々のスタートを切るも、44位でフィニッシュ。入念な事前チェックからコースマネジメントを組み上げていく20歳だが、初めて出場したメジャーでは「ショートサイドからだとボギー、ダボを簡単に打ってしまうことを日本よりも感じた」。今週も想定したピン位置に対し、手前からの寄せが何ヤード転がっていくかといったデータを細かくそろえ、外してもパーセーブできる確率が高いエリアを探し出す作業に時間を割いた。

「積み重ねてきたものをしっかり出せるように全力で頑張りたい」。将来的な挑戦願望も口にする米国での濃密な4週間を締めくくる。(メリーランド州ベセスダ/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2022年 KPMG全米女子プロゴルフ選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには瀬賀百花プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


自宅を最高額で売却してすぐ現金化!売却額に数百万の差がでることも!?最短60秒で一括比較!無料
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!