ニュース

米国女子ショップライトLPGAクラシックby Acerの最新ゴルフニュースをお届け

2022年 ショップライトLPGAクラシックby Acer
期間:06/10〜06/12 場所:シービュー・ドルチェホテル - ベイコース(ニュージャージー州)

勝負をかけた一打がブッシュへ 畑岡奈紗は惜敗に「悔しい」

◇米国女子◇ショップライトLPGAクラシックby Acer 最終日(12日)◇シービュー・ア・ドルチェホテル (ニュージャージー州)◇6190yd(パー71)

優勝の可能性は潰えても、最後まで攻めの姿勢を貫いた一打がギャラリーを魅了した。首位と2打差で迎えた18番パー5、畑岡奈紗にはイーグルしか残されていなかった。

<< 下に続く >>

ティショットはほんの数十センチの差でラフにつかまったが、セカンドで果敢にUTを握った。「もちろん2つでグリーンに乗せるつもりで打った」。勝負をかけたショットは右のブッシュへ。しばらくグリーン方向に打つため試行錯誤するも、アンプレアブルとして後方にドロップを余儀なくされた。

この時点でイーグルの可能性は消えたが、最後まで諦めない。「入れるつもりで打った」という4打目は、ピン奥1mを捉えるスーパーショット。2パットでボギーとしても、グリーンを囲むギャラリーから拍手と大歓声を送られた。

ショットが良かっただけに、グリーン上が悔やまれる。「イメージが本当に良くて、どんどんピンに向かって打てた」と前半は次々チャンスにつけて「33」をマーク。4つ伸ばして首位に立ったが、後半は惜しいパットが続いて伸ばせなかった。「ひと筋抜けていったところが今週を通して多かった。どんどん伸ばさないと勝てないと思っていたので、悔しい」。3打及ばず、通算9アンダーで大会を終えた。

次週は2019年に2位に入った「マイヤーLPGAクラシック」、その翌週はメジャー「KPMG全米女子プロ」と続く。「調子も上がってきている。来週もしっかり優勝争いに絡めるように頑張りたい」。悔しさと自信を手に次戦に進む。(ニュージャージー州ギャロウェイ/谷口愛純)

関連リンク

2022年 ショップライトLPGAクラシックby Acer



あなたにおすすめ

特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!