ニュース

米国女子ゲインブリッジLPGAの最新ゴルフニュースをお届け

2022年 ゲインブリッジLPGA
期間:01/27〜01/30 場所:ボカリオGC(フロリダ州)

“お色直し”でバタバタも…古江彩佳「80点」の上々スタート

2022/01/28 08:31


◇米国女子◇ゲインブリッジLPGA at ボカリオ 初日(27日)◇ボカリオGC (フロリダ州)◇6701yd(パー72)

米ツアーメンバーとしてのデビュー戦初日に臨んだ古江彩佳は、午前7時43分のスタートに備えて日の出前から会場でウォーミングアップを始めた。ルーティンに沿った調整に“変化”があったのはアプローチ練習を終えた後。走ってロッカールームに引き揚げると、白から蛍光イエローのシャツに着替えて出てきた。

<< 下に続く >>

少し慌ただしく2度目のパッティング練習を済ませてティイングエリアに立ち、最初の1Wショットが珍しく左のバンカーへ。「ちょっとバタバタしてました。(シャツを替えた理由は)気分なんですけど、もともと準備が遅い方で。ちょっと落ち着きがなかった分、最初の方はドライバーが左、左に行ってたのかな」と苦笑した。

2番も1Wショットが左へ飛んだが、手前のバンカーに入ったと思ったセカンドが出てきた。そのままチャンスについてバーディを先行。「あれはホントにラッキー。キャディのマイクさんとも『ゴルフは何があるか分からないね』って。きょうは運は良い方だったかな」。6番(パー3)ではもう少しでホールインワンという6Iのスーパーショット。本来のリズムを取り戻し、スコアを伸ばした。

我慢の展開が続いた後半は、最終18番でグリーン右手前からの寄せに失敗。「ティフトン芝のラフで下をくぐってしまった。もうちょっと勉強だなって感じです」としながら、5バーディ、2ボギーの「69」で3アンダー25位とまずまずの滑り出しを見せた。

最終予選会から帰国後の昨年12月は年末まで自主隔離期間だったこともあり、納得いく練習量は積めていない。「80点くらいはあげてもいいのかな。(米ツアーの)空気なのか、日本とはちょっと違う楽しみ方ができていると思います」。新たな一歩を踏み出した充実感がにじんだ。(フロリダ州ボカラトン/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2022年 ゲインブリッジLPGA




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには吉本ここねプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


自宅を最高額で売却してすぐ現金化!売却額に数百万の差がでることも!?最短60秒で一括比較!無料
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!