ニュース

米国女子米国女子Qシリーズ(1週目)の最新ゴルフニュースをお届け

2021年 米国女子Qシリーズ(1週目)
期間:12/02〜12/05 場所:マグノリアグローブ(アラバマ州)

“感覚勝負”古江彩佳の修正力

2021/12/05 10:41


◇米国女子◇Qシリーズ 3日目(4日)◇マグノリアグローブ(アラバマ州)◇クロッシングズコース6664yd(パー72)、フォールズコース6643yd(パー71)

2020-21年シーズンの日本ツアーでフェアウェイキープ率5位(76.9780%)を記録した古江彩佳。最大の武器である正確性は米国に渡っても健在だが、この日の序盤は本人の基準に当てはめればショットが乱れていたという。

<< 下に続く >>

1番はフェアウェイからのセカンドをグリーン右にこぼしてボギー発進だった。「最初の方はショットがバラついていて、安定していなくて、心配なところがあった」状態からラウンド中に修正力を発揮して4バーディ、2ボギーの「69」。3日連続の60台でトップと3打差の通算9アンダー5位と上位をキープした。

「(乱れる際の傾向として)曲がり幅が大きかったり、左に行くミスが多い。大体、リズムが早くなるというのが(原因に)ある」。若くして冷静なセルフジャッジからプレー中の立て直しまでつなげられるのは、日々自らの感覚を研ぎ澄ませて練習していることも大きいようだ。

ツアープロの必需品となりつつある弾道計測器について「ほとんど使わないですね」とあっさり言う。所有はしているが、今回の渡米にも持ってきていない。クラブを替える際、正確なデータを知るために参考にすることはあるものの「あんまり(数字を)見てこなかったということもありますし、(基本的に)感覚勝負でやっています」

2次予選会をトップ通過した同組のポーリン・ルッサンブシャール(フランス)が通算12アンダーで首位に浮上。一時は古江も並ぶ場面があった。「必死についていこうという感じでやっていたんですけど、すごくいいプレーが見られて良かった。上位にいられているのは良いことかなと思う。これを続けていければいいかな」。8日間144ホールの長丁場も、自然体で難なく乗り切ってしまいそうな気配すらある。(アラバマ州モービル/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 米国女子Qシリーズ(1週目)




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!1月のマンスリーゲストには小林瑞季プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!