ニュース

米国女子東京五輪の最新ゴルフニュースをお届け

メダル獲得へ 畑岡奈紗はラスト18ホールにすべてを懸ける

2021/08/06 16:35


東京五輪 女子3日目(6日)◇霞ヶ関CC東コース(埼玉県)◇女子6648yd(パー71)

上位を目指したい3日目に1番でボギー発進。畑岡奈紗は「スタートからバーディを獲って行きたかったけど、その気持ちとは裏腹にボギースタート。なかなか厳しいなっていうのはありました」と苦笑いで振り返ったが、その言葉に悲壮感はない。終わってみれば、6バーディ、2ボギーの4アンダー「67」。通算8アンダーとして、メダルも見える7位タイまで順位を上げた。

<< 下に続く >>

「正直、自分の思うようなゴルフはできていない」というこの3日間。1Wショットのコントロールも、アイアンの距離感も、次々にピンを刺していく本来のゴルフとはほど遠い。グリーン上も「少し湿っている感じがあった」と序盤はショートする場面が目立ったが、「積極的に打っていかないといけない」と修正した。

後半は10番(パー3)、11番で続けて2mほどのパットを沈めてパーセーブ。13番、17番と2つのバーディを奪って迎えた18番は、グリーン左の難しいガードバンカーから4mに寄せ、このパットもねじ込んで後半はノーボギー。サンドセーブは3日間通算で5/5(100%)を記録している。

この日、畑岡のラウンドについて歩いた日本女子プロゴルフ協会の小林浩美・会長は「メダルに懸ける思いが、背中から伝わってきた」とその粘り強いプレーを称賛した。首位のネリー・コルダとは7打差がついているが、3位グループとはわずかに2打差。あすのプレー次第では、まだ十分メダルにも手が届く。

この3日間、バーディ数は全体3位の15個。「伸ばしていかないといけない状況なのは変わりがない。(目標)スコアを決めずに、一個でも多く獲っていかないといけない」と、明日は最後まで攻め続ける。

信じるものは人知れずに積み上げてきた努力の数々。週末に予想されていた悪天候と暑さのため、54ホールに短縮される可能性もあったが、幸い天気も味方しそうだ。一度は諦めかけたメダル獲得へ、残り18ホールにすべてを懸ける。(埼玉県川越市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 東京五輪




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!