ニュース

米国女子KPMG全米女子プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2021年 KPMG全米女子プロゴルフ選手権
期間:06/24〜06/27 場所:アトランタアスレチッククラブ(ジョージア州)

笹生優花 後半3バーディで踏みとどまるも「練習します」

2021/06/25 10:38


◇米国女子メジャー◇KPMG全米女子プロゴルフ選手権 初日(24日)◇アトランタアスレチッククラブ・ハイランズC(ジョージア州)◇6831yd(パー72)

「全米女子オープン」覇者、そして米ツアーメンバーとして初ラウンドに臨んだ笹生優花は、4バーディ、3ボギー1ダブルボギーの1オーバー39位。「全体的に難しかった。あまり良くなかったので練習します」と視線を落とした。

<< 下に続く >>

予選ラウンドは、朴仁妃(韓国)、レキシー・トンプソンとの豪華ペアリング。午前8時38分に1番からティオフすると、5番(パー5)でバーディが先行。だが、直後の6番でティショットを右に曲げてボギーとすると、9番の2打目はキャリーでグリーン奥のバンカーに突き刺さり、左足下がりで目玉という最悪のライ。「風の読みか、自分のショットか分からないけどしょうがない」と、脱出に2打を要してボギーとした。

続く10番はグリーン手前のバンカーに入れて、3パットのダブルボギー。ミスショットにイライラし、「思ったようなショットが打てなかった」と首を振る場面も。開幕前は練習が少ないことを懸念したが、「練習しなくてもスコアが出る人はいるので、そこは言い訳にしたくないです」と切り替えた。

12番(パー5)、13番でそれぞれ2、3mを沈めて連続バーディ。距離の長い15番(206yd/パー3)はティショットを左ラフに外してボギーとしたが、最終18番(パー5)は1.5mを沈めてきっちりとバーディ締め。ミスショットもありながら、後半にしぶとく3バーディを奪って、なんとか中位に踏みとどまった。

それでも、「結果的には寄っているけど、狙ったところに出ていったわけではない。内容的にはどうかなっていう感じ」と、後半のショットにも満足度は高くない。「練習して、もっと良いゴルフができるように頑張りたいです」と、2日目の巻き返しを誓った。(ジョージア州ジョンズクリーク/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 KPMG全米女子プロゴルフ選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには西畑萌香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!