ニュース

米国女子全米女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 全米女子オープン
期間:06/03〜06/06 場所:オリンピッククラブ(レイクコース)(カリフォルニア州)

笹生優花が2アンダーの好スタート「パターがちょこちょこ入ってくれた」

◇海外女子メジャー◇全米女子オープン 初日(3日)◇オリンピッククラブ(レイクコース) (カリフォルニア州)◇6457yd(パー71)

前回大会は初日5位の好スタートを切った笹生優花が、今年も2アンダーと好調な滑り出し。午前組でプレーして、ホールアウト時点で首位メル・リード(イングランド)とは2打差の3位につけた。

<< 下に続く >>

早朝にコースを包んだ霧も第1組がスタートする頃には晴れて、風も弱い絶好のコンディションに恵まれた午前のプレー。1番(パー5)で2m弱につけてバーディを先行させた笹生は、2番はティショットが右ラフ、4番は2打目を左ラフに曲げてボギーとしたが、それ以降はスコアを落とさず、バーディを重ねていった。

7番は2m、13番(パー3)は6mのバーディパットをカップに沈め「パターがちょこちょこ入ってくれました」と好スコアの要因とする一方、フェアウェイキープ率は57.1%(8/14)で「そんなに良いわけじゃなく、まあまあです」と満足できない部分もある。

それでも、最終18番は3W、52度のウェッジでピン右1mにつけてバーディとし、「スコア的には良く終われたので良かった」と笑顔を浮かべ、「こんな感じで(プレーして)予選通過をして、週末も頑張りたいです」と残り3日に視線を移した。

2日目に向けての修正点を問われ「試合が始まっているので、修正とかは考えていられない」と、ゲームだけに集中する。「ここ(全米女子オープン)にまた出られているのがありたがい。緊張はどの試合でもあるけど、その中で楽しんでゴルフができるようにしたい」と抱負を語った。(カリフォルニア州サンフランシスコ/今岡涼太)

関連リンク

2021年 全米女子オープン



あなたにおすすめ

特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!