ニュース

米国女子キア・クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 キア・クラシック
期間:03/25〜03/28 場所:アビアラGC(カリフォルニア州)

スイング改良で飛距離ダウン? 上原彩子の原点回帰

2021/03/28 12:38


◇米国女子◇キア・クラシック 3日目(27日)◇アビアラGC (カリフォルニア州)◇6609yd(パー72)

4人が出場した日本勢でただ一人予選を通過した上原彩子が上々の位置で最終日を迎える。4バーディ、1ボギーの「69」で通算2アンダー。37位から22位へと順位を上げた。

<< 下に続く >>

3番(パー3)でスライスラインを読み切って、バーディ先行。大きく打ちおろす9番はティイングエリアが前に出て、283ydと1オン可能な設定となったパー4。ピン奥に乗せて2パットでスコアを伸ばした。

最終18番も6mを沈めるバーディで締めくくり、「最後はあしたにつながるバーディが獲れた。ボギーを打ったホール(12番)以外はイメージ通りのゴルフができている」とうなずいた。

米ツアー9シーズン目と参戦中の日本勢では“最古参”だが、コロナ禍の昨年は大幅に変更されたスケジュールの影響で、知っているはずのコースのイメージも様変わりするなど戸惑う部分があったという。さらに気になったのが飛距離。ドライビングディスタンスが2019年の246.53ydから234.42ydまで落ち込んだ。

「2年前にスイングをいじっていた部分もあって、(頭の中が)メカニック、メカニックになりすぎていて、形ばっかり気にして振れていなかった。スイングスピードを上げることを意識してやってはいました」とオフの取り組みを語る。

この日フェアウェイを外したのは3ホール、パーオン失敗もわずか2ホールとさすがの精度を見せつけても、「こういう(比較的短い)コースだけじゃない。どういうコースでもしっかりスコアを作っていくためには、飛距離はあればあるだけいい」

「(今季)米国の一戦目にしては、いい感じでプレーできている。きょう以上にバーディを獲って、いい締めくくりができるように頑張ります」と貪欲に言った。(カリフォルニア州カールスバッド/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 キア・クラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!