ニュース

米国女子の最新ゴルフニュースをお届け

歴代最長のLPGAトップが辞任へ ツアー拡充に寄与したマイク・ワン氏

2021/01/07 10:01

米女子ツアー(LPGA)のコミッショナー、マイク・ワン氏が6日、2021年中に同職から退くことを明らかにした。すでに理事会で意思を表明し、この日スタッフやスポンサーらに通知。辞任の時期、後任は決まっていない。

かつてウィルソン社、テーラーメイド社などでマーケティングのプロとして手腕を発揮したワン氏は2010年1月にツアーの8代目のトップとして運営に携わった。グローバル戦略を掲げて国内外の大会スポンサーを多く獲得し、放映権ビジネスに成功。就任した10年当時に年間24試合だったツアー競技は21年に34試合に増え、約4140万ドル(約42億円)だった賞金総額は史上最高の7645万ドル(約79億円)となった。

<< 下に続く >>

2月に56歳になるワン氏は昨年、コロナ禍で厳しい調整を図られながら、歴代コミッショナーで最長となる11年目のシーズンを終えた。長年熟慮した上で退任を決意したといい、「LPGAの未来が不確実で真っすぐな道を歩んでいないと思えば、私はツアーを離れることはなかった。しかし実際には2020年のチャレンジを終えてなお、LPGAが財政的な危機に陥ることは決してなく、リーダーシップの才能にあふれ、世界中の情熱的で様々なスポンサーに支えられている」とコメントした。

ツアーは次期コミッショナーを選出する委員会を立ち上げる方針。ワン氏は「LPGAはより高いステージに立つ準備ができている。次のリーダーにバトンを渡すこと、一番のファンになることが喜ばしい」と後任に期待を託した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには三浦桃香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!