ニュース

米国女子KPMG全米女子プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2020年 KPMG全米女子プロゴルフ選手権
期間:10/08〜10/11 場所:アロニミンクGC(ペンシルベニア州)

2日連続のスロープレー計測 河本結クリアの裏で涙の予選落ちも

◇米国女子メジャー◇KPMG全米女子プロゴルフ選手権 2日目(9日)◇アロニミンクGC(ペンシルベニア州)◇6577yd(パー70)

初日後半に前組と1ホール間隔が空いてしまい、スロープレーのタイム計測が入った河本結の組に、この日再び通知が入ったのは後半14番(パー3)を迎えたタイミングだった。

<< 下に続く >>

前半の時点で組全体のペースが遅いと感じた河本は、意図してスピーディにプレーしていた。

「またスロープレーの警告が私の組に入って、もう時間しか頭になかった。とにかく早く打って、とにかく早く終わらなきゃという風に思ったのが、逆に良かったのかな」。いよいよタイム計測が入った直後もナイスパーセーブを見せ、16番(パー5)、17番(パー3)の連続バーディにつなげた。この日「70」で通算2オーバー24位と上々の位置で初出場の大会を折り返した。

一方で同伴競技者のクララ・スピルコバ(チェコ)は、「1打を30秒以内に打つ」という米女子ツアーのルールをクリアできず、2罰打を科されることになった。

結果としてカットラインに1打及ばない、通算7オーバー。スコア提出前なら異議申し立てが認められるため、ホールアウト後に告げに来た競技委員へ涙ながらに訴えたものの、ペナルティは覆らなかった。(ペンシルベニア州ニュータウンスクエア/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 KPMG全米女子プロゴルフ選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには立浦葉由乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!