ニュース

米国女子KPMG全米女子プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2020年 KPMG全米女子プロゴルフ選手権
期間:10/08〜10/11 場所:アロニミンクGC(ペンシルベニア州)

直近メジャー8分の7が初優勝 畑岡奈紗は続けるか

2020/10/08 11:31


◇米国女子メジャー◇KPMG全米女子プロゴルフ選手権 事前(7日)◇アロニミンクGC(ペンシルベニア州)◇6577yd(パー70)

昨年「AIG(全英)女子オープン」で渋野日向子が初出場初優勝を飾ったように、女子メジャーではニューカマーの台頭が相次いでいる。今季も8月「AIG」をソフィア・ポポフ(ドイツ)、9月「ANAインスピレーション」をイ・ミリム(韓国)が制するなど、直近8試合のメジャーで7人の新たなメジャーチャンピオンが誕生した。

<< 下に続く >>

世界ランキング5位につける畑岡奈紗も、その候補として挙げられる1人だ。この大会では2年前にプレーオフを経験し、4週前の「ANA」で7位。高まる周囲の期待にも、「徐々に(優勝に)近づいてきているのかなと思うんですけど、毎週違うコンディションだったり、自分のスイングの感覚も違う。最初から結果のことを考えず、そのときの状況に合わせて自分のプレーをするのが大事かなと思う」と冷静に足元を見つめている。

21歳にして早くも通算14度目となるメジャーの中でも、「難易度が高く、すごくメジャーらしいセッティング」と一層タフな戦いになると読む。さらに違いがあるとすれば、自分自身。「今までは、どちらかというとパッティングが課題だった。今週に関しては、自分のキーポイントはショットなんじゃないかなと思います」と言った。

優勝争いに加わった前週「ショップライトLPGA」最終日にやや乱れたショットの感覚は、直前まで今季最高と言ってもおかしくない手応えのはずだった。「本当に紙一重」という状態がかみ合ってくれれば文句なしだが、手持ちの武器で戦う準備に抜かりはない。

「いまはフェードを打つイメージの方が湧きやすい。こういうグリーンに対しても、止まるのはフェード系なのかな。練習場では7割くらいフェードで打って、残り3割くらいをドローで打つのが多いかなと思います」と、マネジメントの軸になる球筋を見極めた。

「風がどれくらい吹くか、週末にかけてどれくらいグリーンが硬くなるかによって違うと思いますけど、伸ばす人は伸ばしてくると思う。15アンダー前後はいかないといけないかな」。日本のエースは目指す数字を明確にした。(ペンシルベニア州ニュータウンスクエア/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 KPMG全米女子プロゴルフ選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには澁澤莉絵留プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!