ニュース

米国女子マラソンクラシック by Danaの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 マラソンクラシック by Dana
期間:08/06〜08/09 場所:ハイランドメドウズGC(オハイオ州)

河本結「ミスしてもパーを拾えた」 右鎖骨に痛みもボギーなし

2020/08/07 10:45


◇米国女子◇マラソンクラシック by Dana 初日(6日)◇ハイランドメドウズGC(オハイオ州)◇6555yd(パー71)

リーダーボードにロースコアが並ぶ展開で、河本結はパーオンを6回逃しながら3バーディ、ボギーなしの「68」でまとめて16位。「ミスショットしたところでもパーを拾うことができた。そこは成長」と納得した。

<< 下に続く >>

少ないチャンスをものにした。ティショットをピンに絡めた2番(パー3)で「すごく切れるラインだったけど上手く沈められた」と初バーディ。6番(パー3)で2つ目を決めた。フェアウェイキープ率42%と「後半はショットが荒れていた。流れを切らさないパーパットを決められていた」。我慢の時間が長かったが、最終18番(パー5)をバーディで締めた。

5カ月ぶりの再開初戦の前週「LPGAドライブオン選手権」はアンダーパー5人の難コースで自己最高の4位に入った。疲労感か、今大会開幕前に右の鎖骨と肩に痛みが出た。「ケア不足かな。ゆっくり休んでセルフケアしたい。先週よりショットの調子は良いと思っていたけど、鎖骨に不安があるのか、コースではうまく打てなかった」。前日からツアーが用意するトレーナーのケアを受け改善傾向にある。

ディフェンディングチャンピオンのキム・セヨン(韓国)の前年スコア通算22アンダーを参考に、「20アンダー」前後を優勝スコアと意識する。首位とは4打差。「しっかり調整して、あすには良い流れが向くんじゃないなと思っています」と午後スタートの2日目を見据えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 マラソンクラシック by Dana




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!