ニュース

米国女子フィールズ・オープンin Hawaiiの最新ゴルフニュースをお届け

上田桃子、開幕2戦目への意気込み!

2008/02/21 19:57


米ツアー本格参戦の開幕戦「SBSオープン」で最終日に優勝争いを展開し、単独5位に入った上田桃子が、第2戦「フィールズオープン」前日に、大会に向けた意気込みを語った。

昨年はスポット的に参戦し、2日目にスコアを伸ばし13位タイまで浮上したが、最終日にスコアを崩し45位タイ。その雪辱もかねて今大会に挑む。

上田桃子
「江連さんとも話したのですが、先週以上に今週が大事なので、気を緩めずに集中して行けと言われました。なので、集中力は切らさずに、いい状態で出来ると思います。

パットの状態は良いのですが、グリーンが難しいです。フェアウェイが広く、あまり神経は使わずに打っていけると思うので、パッティング勝負です。試合じゃないと調子は分からないのですが、フィーリングは良いので期待はしています。

先週は海外の試合ではベストフィニッシュで、凄く良いスタートが切れたと思います。予選落ちから始まると、不安や焦りも出てくると思うので、そういう意味では良いスタートが切れたので、少しリラックスして臨めると思います。

ここは去年コースを知っているので(こことエビアンだけ)、頑張りたい気持ちが強いです。1年間であと何回チャンスが来るか分からないけど、上がり4ホールで相手にプレッシャーを掛けられるショット、パットが打てるように、準備していきたいです。

ドライバーの飛距離は武器になると思いますが、日本ではなかったのに、こっちにきて、振れすぎるという事があります。アイアンが飛び過ぎてしまうってことを、こちらに来て初めて感じました。暑さとか、標高とかも気にしてやっていきたいです。

先週、結果は良かったけど、フィーリングは60点。今週はパターが良くなったから65点。調子はベストではないけど、逆にやりがいがありますね。
結果にはこだわって行きたいです」。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 フィールズ・オープンin Hawaii




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。