ニュース

米国女子エビアン選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2019年 エビアン選手権
期間:07/25〜07/28 エビアンリゾートGC(フランス)

“裏街道”で後退 横峯さくら&鈴木愛は最終日に巻き返し期す

◇海外女子メジャー◇エビアン選手権 3日目(27日)◇エビアンリゾートGC(フランス)◇6523yd(パー71)

ともにカットライン上で予選通過した横峯さくら鈴木愛。「72」で回った横峯は通算3オーバーの56位、「73」と落とした鈴木は通算4オーバーの60位で、最終日を迎える。

悪天候予報で2ウェイ3サムに変更され、横峯は“裏街道”の最終組。前半13番から2連続ボギーをたたくと、バーディ直後の17番でも落とした。パーオン率は3日間で最高の77%(14/18)を記録しながら、「打ち切れない部分があった」と今週自己最多の31パットが足を引っ張った。

開幕前夜に宿舎で素振りをし、スイングの新たなイメージに好感触を示したが、実戦で続けると不安があったという。「昨日の途中でしっくりこない感じで、やめてしまった。でも昨日の終盤にまた戻し、なんとか持ち直せた。とにかく、不安がある中でティショットをしっかり打つのが、いまの課題」と話した。

同じくインから出た鈴木も32パットを喫し、スコアを落とした。前半12番で1.2mを沈めバーディを先行させたが、「その後はことごとくパットが入らなかった。リズムに乗れないし、厳しかった」と後半4番までに3ボギーをたたいた。芝目が強く、前夜の降雨で重くなったグリーンにタッチを合わせきれず、「切れたり、切れなかったりが日によってけっこう違う」と下を向いた。

チャンスにつくホールも多くあり、「ショットなど調子自体は悪くないと思う。来週に向けても、イーブンパーに戻して終わりたい」。次週のメジャー「AIG全英女子オープン」へ最終日の巻き返しを誓った。(フランス・エビアン/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 エビアン選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには中山綾香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。