ニュース

国内男子長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

プレーヤーズラウンジ

<もう一度、この男の話題を。34歳の初体験>

2014/07/14 09:51

再び、今年のツアープレーヤーNO.1の話題を。まだシード権もなかったのに一夜にして、取り巻く環境が一変した竹谷佳孝。「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills」でツアー初優勝を飾った直後から、経験したことのないくらい多忙な日が続き、味わったこともないようなプレッシャーを感じていた。

初V直後の「長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント」での話である。勝った次の試合こそ、真価を問われるとはどの選手も口を揃えることだが、竹谷の場合、より重くのしかかったのは、それがこの人との約束でもあったから。

<< 下に続く >>

勝った直後に青木功に言われた。「竹谷、おまえ、次のセガサミーは石にかじりついてでも予選を通れ」。それを実現してこそ初めて一流への第一歩だと説かれて、もともとマジメな性格なだけに「絶対に、青木さんとの約束を果たす」と意気込んだのは良かったが、初日は決勝進出には非常にびみょーな82位タイ発進・・・。

薄氷の思いで迎えた2日目は「もう、空気になってしまいたいと思いました」と笑うほど。「アップアップで出ていって、『もう誰も僕を見ないで』というような、『僕のことはそっとしておいて』というような・・・。そんな心境になってしまって。本当に、こんなにゴルフを難しく感じたことはなかったし、こんなに予選を通りたいと思ったのも、生まれて初めての経験でした」。

晴れて執念の予選通過を果たして、ほっと一息ついたのもつかの間、竹谷の初体験はこの先もまだ続く。今季最強プレーヤーの称号とともに、手にしたのは「WGC ブリヂストンインビテーショナル」と「WGC HSBCチャンピオンズ」の出場権。特に、ブリヂストンインビテーショナルのファイアストーンCCは、屈指のモンスターコースとして知られ、青木にも「長いぞ」と脅されたばかりか、セガサミーカップでは、最終日に同組で回った松山英樹もこともなげに「長いスよ」と、若き経験者の、ありがた~い(?)アドバイス。

ゴクリとつばをのみながら「うん、うん・・・」と真摯に頷く竹谷。松山の脅し・・・いやいや、“アドバイス”は続く。「長くて、深くて、もの凄く難しくて・・・」

「・・・・・・まだ言う?」。

たまりかねて、思わず苦笑いで突っ込んでしまった。とにかく、現地では一緒に練習ラウンドをしようと申し込んで「頑張るよ」。はてさて、いよいよ34歳の初体験は来月初旬。「一体どうなることやら・・・」。いざ本番では、こちらまでなんだかドキドキしてしまいそうだ。

提供
おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!