ニュース

国内男子ゴルフ日本シリーズJTカップの最新ゴルフニュースをお届け

プレーヤーズラウンジ

<やっぱりアジアが好き。塚田好宣の生きる道>

2013/12/16 08:59


今季のツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」は、宮里優作が悲願のツアー初Vを成就させたかたわらで、熾烈な(?)“最下位争い”を繰り広げていたのが塚田好宣である。塚田も今季は開幕戦の東建ホームメイトカップで悲願のツアー初優勝を達成して44歳にして、初めて踏み入れた今年最後の頂上決戦。

年の初めと終わりとで、両方格好良く締めたかったが、最終戦の“ブービー”は、とうとう“ブービーメーカー”となった豪州のマイケル・ヘンドリーと2人して、ダントツの最下位争いの末の称号がちょっぴり残念。

<< 下に続く >>

しかし、出場が決まった当初から、この大会はどうも、塚田には似合わない・・・。そんな声も出ていた。その年の勝者と賞金ランキング上位の選手にしか出られないというその高いフィールドが、という意味ではない。昔から塚田をよく知る人たちは言う。

「やっぱり彼は、強い日差しが燦々と当たる場所で、汗をだくだくかきながら、ゴルフをしているイメージが強い」。ツアーの出場権がない時代からアジアを渡り歩いて、とりわけ愛するタイ・バンコクはもはや第二の故郷だ。その印象が強すぎて、12月の日本で寒さに耐えながら戦うイメージは“塚田ファン”の中には皆無だったのである。

それは、本人にとっても同じだったようだ。というか、あの大会の寒さをなめていたかも!? その週は、開幕前日の水曜日までポカポカ陽気だったことも災いした。厚手のセーターも、防寒になるような上着も持ち合わせていなかった塚田は、いざ本番も「こんなに寒いとは思わなくて・・・」。

想像以上の寒さにテンションはガタ落ち。普段のパフォーマンスも当然、発揮出来ない。寒さに首をすくめながらのラウドは、テレビ解説の中で「いつものスイングじゃない。塚田選手はきっと首が痛いんだ」ということになり、それを見ていた関係者から「大丈夫?」とあとから心配までされたそうだ。

塚田は大いにとまどった。「・・・いやあ、自分としては、いたって普段のスイングをしていたつもりだったので」。寒さで縮こまっていたのが、周囲には首痛のせいと映っていたのだと知ってちょっぴり複雑。「いや、首は全然痛くなかった」と釈明すべきか、素知らぬ顔で認めてしまうか。「首が痛かったことにしておいたら、最終戦の成績も言い訳つきますもんね」と、笑った。

今年最後の“初舞台”で改めてアジアへの思いを熱くした塚田は「来年もアジアンツアーのQスクールに挑戦してきます。もはや僕のライフワークですから」。自称ゴルファートラベラーには、やっぱり常夏の舞台がいちばん似合う!?

提供
おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 ゴルフ日本シリーズJTカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!