ニュース

国内男子アサヒ緑健・よみうりメモリアルオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

プレーヤーズラウンジ

ツアープレーヤーたちのチャリティー

今年、夏から秋にかけて相次いだ天災の影響から、ジャパンゴルフツアーでもチャリティー活動に感心が集まっている。

ジャパンゴルフツアー選手会では、10月の「ABCチャンピオンシップ」から「アサヒ緑健・よみうりメモリアル」の2週間、各会場の選手ロッカールームに募金箱を設置。

<< 下に続く >>

集まった171万1000円を義捐金として、新潟県中越地震の被災者のみなさんへ送った。

また、「ABCチャンピオンシップ」でツアー初優勝をあげた井上信は優勝賞金のうち100万円を、やはり新潟県中越地震の被災者のみなさんへチャリティしたい、と申し出た。

同じ週に行われた「日本シニアオープン」でデビュー戦を果たした中嶋常幸は開催前から、「今回の獲得賞金を、すべて新潟県に寄付する」との意思を示していた。そのためにも「絶対に優勝して、できるだけ多くのお金を送りたい」と張り切っていたが、願いかなわず6位に終わった。予定より金額が少なくなってしまったことを悔やみつつ、6位賞金の165万7500円を全額寄付した。

そのほか、現在賞金ランク2位(11月15日現在)、目下賞金レースの真っ只中にいる谷口徹は、自身2度目の賞金王の座と、年内に世界ランク50位内に食い込んで来年の「マスターズ」出場権の獲得など、自らの夢を追うだけではない。「全国各地の被災者のみなさんが、できるだけ早く日常生活に戻れるよう手助けがしたい」と、話している。

新潟県の地震のほか、台風や大雨などの災害で、各地で今も多くの方々が不便な生活を強いられている。「僕ができることなんか微力ですけど、でも、微力がたくさん集まれば、きっと困っている方々の力にもなれると思うんです」と、谷口。募金活動だけにとどまらず、「僕のゴルフで、みなさんに元気になってもらいたい」と、持ち前のガッツあふれるプレーで、「被災地に元気をプレゼントしたい」と張り切っている。

トーナメントで起こったルール裁定の実例

<アサヒ緑健・よみうりメモリアル>

「えっ!私が球の動く原因をつくったのですか?」

2日目、18番ホール(パー4)のセカンド地点での事です。プレーヤーはカート路からの救済のニヤレストポイントが急斜面となり、2回ともドロップした球がホールに近づいたので、2回目のドロップした際に球がコース上に最初に落ちた個所にできるだけ近い所に、その球をプレースした。

ここまでは、何の問題も無かったが、プレーヤーがアドレスに入ろうとしたとき球が動き競技委員要請となった。

呼ばれた競技委員は事の一部始終を見ており、急斜面に球をプレースしたあと球の近くで強く地面を叩く素振りを2回行い、そのあと直ぐにアドレスに入ろうとしたとき球が動いたので、「球の動く原因となることをした」と裁定をしてプレーヤーは1ペナルティで球をリプレースとなる。

読者の皆さん、球が動きそうなライに止まっているときは、その近くでは素振りをしないことですね!

提供
おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 アサヒ緑健・よみうりメモリアルオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

ランキング
東京五輪や実力派アマチュアの登場など話題の多かった2021年下半期。上半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!