ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

プレーヤーズラウンジ

ツアープレーヤーたちの恐怖の時間<小山内護>

2005/10/03 09:00

小山内にとって、朝は恐怖の時間。早いスタートの日はなおさらだ。若いころなら、起きてすぐにクラブを振り回したってビクともしなかった体。加齢とともに硬くなり、動かしづらくなっていく。昨年、そのおかげで腰を痛めてからますます慎重になった。いまでは、3時間前から起きて入念なストレッチをしてからでないと、怖くてスイングできなくなった。だから、たとえば7時半にスタートする日の起床時間は4時半。朝の弱い小山内にはこれがこたえる。布団をかぶって寝ているから、どんなにけたたましい目覚まし時計もモーニングコールも効果なし。一人ではとても、起きられそうにないからキャディさんに頼っている。

前夜のうちに預けておいた鍵で、部屋に乗り込んできたキャディさんはまずカーテン全開。次に布団を引き剥がされ、耳元で叫ばれる。「朝だ、起きろ~!!!」。意識は朦朧としたまま、仕方なくベッドから這いつくばってまずシャワー。それでも完全に目は覚めていないが、キャディさんは容赦ない。風呂から上がるなり、上に乗っかられて恐怖のストレッチタイムが始まる。あまりの痛みに逃れようとするが、がっちり押さえつけられて身動きが取れない。ひたすら耐えるしかない・・・。

約1時間の“拷問”が終わって、はじめて身も心もすっきり爽快。ようやく小山内の1日が始まるのだ。「しっかりストレッチできた日ほど、体がよく動く。どんなに早いスタートでも、思いっきり振っていけるよ!!」。現在、ドライビングディスタンス1位。早くも2位に4.66ヤード差つけて、2年連続ドライビング王の座はほぼ間違いない。ツアーが誇る豪快な飛距離は、こうして作られている。

トーナメントで起こったルール裁定の実例

<2005アコムインターナショナル>

4日目、12番ホール(パー4)グリーンで競技委員要請があった。台風の影響で強風の中での最終ラウンドとなり心配されたグリーン上で球が動いたとのことであった。トーナメントリーダーのプレーヤーAはセカンドパットを打とうとアドレスに入った後、風によって球が少し動いたと申告した。

競技委員の裁定は、「アドレスしたあとで動いた球」の処置として1ペナルティーでその球をリプレースするよう伝えた。規則18-2b

プレーヤーAはペナルティーをものともせずに見事優勝した。読者の皆さん、風の強い日のプレーではアドレスに入るタイミングには十分注意して下さい。

提供
おすすめ記事通知を受け取る



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。