ニュース

国内男子アコムインターナショナルの最新ゴルフニュースをお届け

プレーヤーズラウンジ

完全優勝<デービッド・スメイル> アコムインターナショナル

2005/09/26 12:00

1秒、2秒、3秒、4秒・・・まだ終わらない。長い長い、祝福のキス。ようやく唇を離すと、妻・シェリーさんが感極まって言った。
「こんなに難しいコンディションの中で戦って、4日間首位を守ったのよ! あなたこそ、この優勝にふさわしい選手よ!!」。

日本女子ツアーで1勝の経験があるプロゴルファーの妻の言葉には、説得力がある。しかも今週は、深刻な腰痛を克服してつかんだ勝利だ。
この日最終日もたまらずに、思わず腰を抑えて顔をしかめるシーンが何度かあった。そんな苦しい戦いにもかかわらず、「でも腰痛はむしろプラスだった」と言ってのけるしたたかさがスメイルにはあった。

痛めてから、これまでのおよそ3ヶ月間。腰に負担がかからないようフォロースルーで体の回転を止める、いわゆるパンチショットでプレーを続けるしかなかったのだが、それがこの日、吉と出た。
台風17号の余波をもろに受けた最終日。瞬間最大21.7メートルの強風にも影響を受けにくい、弾道の低いショットで安定したプレーを続けることができた。

一方で風のいたずらにあう不運もあった。12番パー4。1メートルのパーパットを打とうとアドレスした瞬間に突風が吹いて、ボールが50センチほど動いてしまった。1打のペナルティを食らって、ボギーを打った。
これに動揺した次の13番パー3では、ティショットを右に曲げた。バンカーに打ち込んだが「まだ、2位との差は十分あるのだから」。

強い精神力で、すぐに落ち着きを取り戻した。この第2打を30センチにみごと寄せてピンチを切り抜け、続く14番パー4では7メートルのバーディチャンスを決めた。
積み上げた3打のリードをうまく使って、逃げ切った。

毎週、痛みを訴え続ける夫。ただ海の向こうで祈るしかない日々に耐えかねて、思い切って2人の子供たちをベビーシッターに託し、この週きゅうきょ単身来日したシェリーさん。毎日、18ホールをついて歩いてくれた。
「それが何より、心強かった」とスメイルはいう。

「いまさら、何も言わなくても分かり合える」というほど、信頼しあえるおしどり夫婦。最終日のスタート前にも、シェリーさんから何か特別な励ましがあったわけではないが、ロープの外から思いはちゃんと届いていた。
「お願い、デービッド。勝ってあのときの悔しさを晴らして!!」。
6月のミズノオープンと、日本ゴルフツアー選手権宍戸ヒルズカップ。2週連続でプレーオフの末に2位に甘んじた。あのときの嫌な記憶を、妻の目の前で払拭できた。

嬉しいツアー通算4勝目をあげたその足で、揃って子供たちが待ちわびる母国ニュージーランドへ帰る。日本ツアーは、歴代チャンピオンでもある3週間後の日本オープンから復帰する。 「腰をちゃんと治して、帰ってきます」。悪天候にもかかわらず、足を運んでくださった大勢のギャラリーに約束した。

提供
おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2005年 アコムインターナショナル




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。