ニュース

国内男子ANAオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

プレーヤーズラウンジ

プレーオフを制して今季2勝目、ツアー通算8勝目<深堀圭一郎> ANAオープンゴルフトーナメント

2005/09/19 09:00

戦い終えても、しばらく震えが止まらなかった。インタビューに答える唇も、震えていた。一時は、2週連続優勝を狙う今野康晴に2打差をつけられたが、最後まで諦めないのが身上だ。勝負が緊迫するほど、集中力が高まっていく。立ちはだかる壁が大きいほど、燃えてくる。

「自分の弱さに負けないように。前しか見ていなかった」。

土壇場の17番パー5で追いついた。残り139ヤードからピン2.5メートルにつけたバーディチャンスをねじこんだ。武者震いが来たのはその直後だ。体の奥がジン・・・と熱かった。

「アドレナリンが出ている」と、感じた。首位タイで迎えた18番の第2打は、ピンまで128ヤード。キャディのサイモンさんは「9番アイアンで行こう」と言った。深堀は、迷った末にピッチングウェッジを握った。

いつもなら、常に的確なジャッジを下すサイモンさんの言葉に素直に従っただろう。まれに見る激戦にひどく興奮しながらも、頭の中は冷静だった。いまは気合が入っている分、球が飛びすぎる可能性がある。
それを計算して、短めのクラブを持った。奥の傾斜を利用して、戻ってきたバーディチャンスはピン横8メートル。
ほぼ同じ距離につけた今野と互いにパーで分け、勝負はプレーオフに突入した。

トーナメントで起こったルール裁定の実例

<サントリーオープンゴルフトーナメント>

2日目、14番ホール(パー4)グリーン上で競技委員要請があった。プレーヤーAは6メートルほどのパッティングに入るときに、3メートルほどの半分くらいのパッティングライン上でイメージを描くため空中で素振りをしていたが誤ってクラブをソールしてしまったとの事でした。

競技委員の裁定は、パットの線に触れたとし、プレーヤーAに2ペナルティを加えるように告げた。規則16-1a読者の皆さん、パットの線の近くで行動を起こすときはそれなりにリスクを背負っていますのでご留意を!

提供
おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2005年 ANAオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。