ニュース

国内男子東建ホームメイトカップの最新ゴルフニュースをお届け

プレーヤーズラウンジ

「超一流」になれ!高山が2005年開幕戦で念願の初優勝!/東建ホームメイトカップ

2005/03/28 12:00

高山忠洋は昨年末、東建コーポレーション株式会社の左右田鑑穂・代表取締役社長と、読売巨人軍の小久保裕紀選手と3人で、食事をする機会があった。その席で、和歌山県星林高校野球部の7つ上の先輩でもある小久保選手が言った。

「高山、『超』一流の選手になれよ」。そのためにもできるだけ早く1勝をあげて、壁を突き破らなければならない、と諭された。

「小久保さんはものすごく自分の世界を持っていて。真剣なまなざしにはいつも、吸い込まれそうになる」。尊敬してやまない大先輩の言葉を、胸に沁み込ませた。

今大会の主催者でもある左右田社長とは、「今年、どこかで必ず1勝します」と、約束した。そのとき、左右田社長に「勝って男子ツアーを盛り上げてくれよ」とも言われた。早速、この開幕戦・東建ホームメイトカップで実現できた。

高山がプロゴルファーの道に進むきっかけとなったのは、1995年のフィリップモリスチャンピオンシップ(現・ABCチャンピオンシップ)。田中秀道の、涙、涙の感動シーンをテレビで見て「ゴルフっていいな!あんな素晴らしいプレーを自分もしてみたい」と思った。そのとき高校3年生。ちょうど進路で悩んでいた時期でもあり、すぐにゴルフに転向した。

自分もあのときの田中に負けない好ゲームの末に、初優勝をあげることができた。プレーオフ3ホールという息詰まる激闘を演じて、2005年の開幕戦を盛り上げることができたのだ。

表彰式で、恩人も感極まった。「感動的な初優勝で、私との約束を果たしてくれた高山君にお礼を言いたい。私の手から優勝カップを渡すことができて、本当に嬉しく思っています」と、左右田社長。

出身は和歌山県だが、所属コースは東建多度カントリークラブ・名古屋から遠くない、岐阜県の法仙坊ゴルフ倶楽部。最終日はロープの外から、口々にかけられる地元ファンの声援にも後押しされた。

それに、何より嬉しかったのは、応援にかけつけてくれた両親の目の前で、初優勝を挙げられたことだ。「ほんとうにたくさんの人に、『高山、頑張れ!』と声をかけていただいて。今日はみなさんの声援に勇気づけられながら戦いました。そして何より僕の父と母。今日はほんとうにありがとう!」

2005年最初のチャンピオンは戦い終えたばかりの18番グリーンで、父・学さん、母・千亜紀さんと、固く固く抱き合った。

提供
おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2005年 東建ホームメイトカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。