ニュース

国内男子アサヒ緑健よみうり・麻生飯塚メモリアルオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

プレーヤーズラウンジ

ツアー初優勝!!<市原建彦>アサヒ緑健よみうり・麻生飯塚メモリアルオープンゴルフトーナメント

2006/11/06 09:00

ずっと思い描いていたシーンと違う。
もし初優勝できたなら・・・。「必ず記念に取っておく」。そう心に決めていたウィニングボール。

ホールアウトするなり気前良く、ボランティアにあげてしまった。
首位タイで迎えた最終18番。タップインで沈めたパーパット。
それがまさか、最後の1打になるとは思ってもいなかったからだ。

知人に土産に頼まれていた、大会特別協賛アサヒ緑健の看板商品『緑効青汁』。
関係者にお願いして、1箱だけ譲ってもらうつもりだった。

しかし、優勝副賞はその1年分。
いっきに“365日分”を手にしても、なお実感は沸いてこない。

「こんなことになるのなら・・・」。
この日、えんじ色のウェアを選んだことを後悔した。
「もっと派手な色にすればよかったです」。
この色だと、地元・ボランティアの皆さんに紛れて目立たないではないか。

この日最終日は5打差からのスタート。
リーダーは、いま絶好調のジーブ・ミルカ・シン

途中で逆転には成功しても、まさか、勝てるとは思わなかった。
ひとつ後ろの最終組でまわるインドの英雄は再び追いつき、最終ホールで100ヤードもない第2打を残し、グリーンが空くのを待っていたはずだ。

わずかにショートしたものの、アプローチで寄せたパーパットは1.5メートル。
「まさか・・・彼が最後に3パット?」。

プレーオフを覚悟して、球を転がしていたパッティンググリーンで市原は、信じられずに呆然と立ち尽くしていた。
口があいたまま、涙も出ない。

「・・・そのとき、きっと僕はその場に泣き崩れるだろう」と、ずっと想像していた優勝の瞬間。
ずっと心に残る、歓喜のシーンとなるはずだった。
しかしそれは、自分が思ったよりも、ずいぶんあっけない形で訪れたのだ。

提供
おすすめ記事通知を受け取る

2006年 アサヒ緑健よみうり・麻生飯塚メモリアルオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!