ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

プレーヤーズラウンジ

ツアープレーヤーたちの小さな悩み<武藤俊憲>

2006/08/07 12:00

初のメジャー戦、全英オープンは残念ながら予選落ちしたが、「せっかくの機会だから」と決勝ラウンドも残ってゲームを観戦し、5位タイにつけた谷原秀人と同じ便に乗って帰国した武藤俊憲

イギリスのヒースロー空港で、屈辱的な経験をした。チェックインして「免税店で買い物をしたい」という谷原と一緒にとりあえずラウンジに寄ってから別行動。「面倒くさいから」と、武藤はその場に残ったときのことだ。

<< 下に続く >>

ひとりの日本人スタッフが近づいてきて、遠慮がちに聞かれた。
「あの・・・さっき一緒にいらっしゃったのは谷原プロですよね?」
「そうですけど…」
「どちらに行かれたのですか?」
「買い物に行っちゃいましたよ」と、答えるとあきらかに残念そうな表情になった。しばらく考え込んでいたが、思い切ったように切り出された。
「あなたもプロですよね?」
「そうですけど・・・」
「サインいただけますか」
ショックだったのは、快く応じてペンを走らせて色紙を渡したときの反応だった。手に持ったまま懸命に、その字を解読しようと努力している様子が伺えたのだ。

いたたまれなくなった武藤は、思わず名乗っていた。
「あの・・・僕、武藤俊憲といいます」
途端に目を輝かせ、「あ・・・あなたも全英に出ていた方ですね!」と納得してくれたが、本人には寂しい思いばかりが残ったという。

「いっつも僕そうなんですよ。日本ツアーでも、名前を呼ばれた試しがなくて・・・」と顔をしかめた。5月のマンシングウェアオープンKSBカップで初優勝をあげたあとも、たびたび優勝争いに絡み、日本予選最終戦・ミズノオープンでは、逆転でメジャー切符も手に入れた。
「けっこう、報道していただいたのに、それでも認知度が低くって・・・どうしたら、みなさんに覚えてもらえるんスかね・・・」と、首をかしげていた武藤。

「・・・とにかく、これからももっともっともっと、上位争いに絡んでいくしかないってことか・・・」
ひとりブツブツと、策を練っている様子がなんだかとても健気だった。

・・・みなさん、この機会に武藤の顔と名前を覚えてぜひ、コースでも名指しでの応援をよろしくお願いします!

トーナメントで起こったルール裁定の実例

<ザ・ゴルフトーナメントin御前崎2006>

2日目、15番ホール(パー4)のグリーンサイドで競技委員要請がある。グリーン左の浅いラフにあった球をボランティアマーカーの方が誤って踏んでしまい球のライが変えられた。

競技委員の裁定は、はじめの球の位置とライが明確であることから、はじめの球のあったところからホールに近づかず1クラブレングス以内ではじめのライに最も近いライにプレースさせ、無罰でプレーするよう伝えた。規則18-1、20-3b(ⅰ)

読者の皆さん、このケースで箇所が確定できない場合はドロップとなります。

提供
おすすめ記事通知を受け取る



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!