ニュース

欧州男子の最新ゴルフニュースをお届け

新リーグ出場で罰金1650万円 ガルシアもウェストウッドも欧州ツアーに「がっかり」

◇LIVゴルフシリーズ◇LIV招待 ポートランド 事前(29日)◇パンプキンリッジGC(オレゴン州)◇7641yd(パー72)

DPワールドツアー(欧州ツアー)がサウジアラビアの資金を背景とする新リーグ「LIV招待」に許可を得ずに出場したツアーメンバーに対して10万ポンド(約1650万円)の罰金を科すと発表したことを受け、英スカイスポーツで制裁の対象として名前が挙がったセルヒオ・ガルシア(スペイン)やリー・ウェストウッド(イングランド)らはツアーの対応に不満を隠さなかった。

<< 下に続く >>

1組4人の12組で争う団体戦のチームキャプテンとしてマルティン・カイマー(ドイツ)とともに開幕前日の会見に出席。英国ロンドンで3週前に行われた初戦に出場する前にPGAツアーのメンバーシップは返上したが、対抗戦「ライダーカップ」への思い入れも強いことから欧州ツアーのメンバーシップは保持したままだった。

ウェストウッドは「個人的に欧州ツアーのアプローチにガッカリしている。僕は29年間、欧州ツアーのメンバーとしてやってきて、そのうちの多くの期間でPGAツアーのメンバーでもあった。これまで問題にならなかった、ほかの場所(欧州ツアー以外)でプレーすることが今は問題になっている。ちょっと行き過ぎ(な対応)で、透明性が足りない」と指摘。両ツアーが戦略的提携を大幅に強化すると発表したことについても「もっと透明性を高めてほしい」と繰り返した。

ガルシアもウェストウッドのコメントに同意した上で「それでも僕らは、ゴルフというゲーム、自分自身、家族のために最善と思うことをやっている。それが僕らの決断だ」。意志が固いことを強調し、改めてライダーカップへの意欲も口にした。

カイマーは「『LIV』がほかのツアーの可能性を高めてくれたことは、そこにいる選手たちにとって素晴らしいこと。それが、なぜかいがみ合っているように見られている。そうではないし、(本来)そうであってはならない」とコメント。欧米ツアーが賞金額を引き上げるといった新リーグへの対抗措置を見せていることでツアー間の“競争”が促されていることをポジティブに解釈すべきとした。(オレゴン州ノースプレインズ/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


自宅を最高額で売却してすぐ現金化!売却額に数百万の差がでることも!?最短60秒で一括比較!無料
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!