ニュース

国内シニアトータルエネルギーカップPGAフィランスロピーシニアトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

羽川豊、イップスを乗り越えて掴んだ優勝

2011/07/08 18:58

国内シニアツアーの開幕戦「トータルエネルギーCUP PGAフィランスロピーシニアトーナメント」で20年ぶりの優勝を手にした羽川豊。シニアツアーデビューから3年目にして、初の同ツアー優勝でもあった。

羽川は81年の「日本オープン」を制し、91年に「インペリアル」、「静岡オープン」と2週連続優勝を果たしている。しかしその後2000年の「日本プロ」を最後に2008年まで試合には出場を断念。その理由はイップスからだった。「パターなんて手が震えて打てないくらい」と当時を振り返り、ホールアウトさえできる気がしないと恐怖感を感じたそうだ。

「試合に出場していなかった間も、解説の仕事の他にラウンドはしていましたよ。シニアツアーにデビューする1年ほど前にたまたま家にあった長尺パターを打ってみたら、スムーズに手が動いてね。それからグリーンでの不安もなくなったから、試合もできるかなって思ってね」と、そのイップスの解消がシニアツアー参戦のきっかけとなった。

ドライバー、アイアンに至っても、様々なシャフトを入れてみたり、様々なクラブを試したと言う。現在は以前使用していたX100のシャフトをアイアンに差したことで、ショットが劇的に変わったことを明かした。「固定概念を捨てて、新しいものを探すことも大切だとわかりました。しかも、探せば自分に合うものが必ずあるということも」。様々な経験をしている羽川の言葉には深い説得力がある。

「思うようにできるようになってくると、ますます面白くなってくる」。それが、羽川がゴルフを止めない理由だ。今年はシニアツアーを盛り上げていくと宣言した羽川だが、この優勝を機に、ツアーの手綱を引いていくような活躍に期待したいところだ。【埼玉県大里郡/糸井順子】

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 トータルエネルギーカップPGAフィランスロピーシニアトーナメント




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。