ニュース

国内女子ヨネックスレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

17年大会優勝の青木瀬令奈 〇〇世代と呼ばれず「自分たちで発信を…」

2019/06/07 19:44


◇国内女子◇ヨネックスレディスゴルフトーナメント 初日(7日)◇ヨネックスCC(新潟県)◇6456yd(パー72)

2017年大会優勝の青木瀬令奈が4バーディ、ボギーなしの「68」で回り、首位と2打差の4アンダー4位で初日を終えた。

「今季は開幕からショットが悪い週がない」と前半4番で85ydを50度で10センチほどにつけると、続く5番は123ydを9Iで20センチとし、2連続バーディ。雨が降ったり止んだりした後半にも2つ伸ばし「天候がもってくれたという感じ。雨が強かったら耐えるイメージだった」と振り返った。

青木を含めツアー通算12勝の成田美寿々や同2勝の福田真未、同1勝の葭葉ルミ香妻琴乃ら92年度生まれの選手から優勝者が出るたびに“女子プロ92年会”と、自分たちで名づけた祝勝会を開催する。同4勝の勝みなみ新垣比菜らの98年度生まれの選手や、安田祐香(大手前大学1年)や吉田優利(日本ウェルネススポーツ大1年)ら2000年度生まれのアマチュアが『〇〇世代』と括られることが多くなり、「わたしたちはちゃんと名前が付いていないから、とられちゃったね、と話したりするんです」と笑う。

「自分たちで発信していくしかないってなって、(同学年の東浩子の名前から)『最強東軍団』という名前をつけてSNSにアップしたりするんですけど、全然浸透していかないですね」と苦笑い。勢いのある後輩たちには「負けていられないという気持ちも少しはあるけど、ゴルフ界が盛り上がっていますよね」と語った。

世間の注目が若手に向こうが、同世代で切磋琢磨する姿勢は同じ。19歳の吉本ここねが引っ張るリーダーボードには優勝争いを望める位置に葭葉や香妻もつける。好相性を認識するコース、「自分たちの世代も実力のある選手が多い。最終日に最後から2、3組目で回れるようにしたい」と意気込んだ。(新潟県長岡市/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ヨネックスレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。