ニュース

国内女子ヨネックスレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

平均飛距離1位奪還へ 葭葉ルミがフルスイングを再開

2019/06/07 18:33


◇国内女子◇ヨネックスレディスゴルフトーナメント 初日(7日)◇ヨネックスCC(新潟県)◇6456yd(パー72)

飛ばし屋・葭葉ルミが、今大会からフルスイングを再開した。「ドライバーを飛ばせれば、ほかも気持ちよく打てる。気持ちが乗るので」。2つのパー5でバーディを奪うなど「69」で回り、首位と3打差の3アンダー8位につけた。

2017年から2季連続で平均飛距離1位(17年:260.76yd、18年:258.29yd)。ただ例年フェアウェイキープ率は下位に沈み、今季は「どんどん試合で振れなくなっていった」という。同1位の穴井詩(258.29yd)、同2位の松田鈴英(255.93yd)に続く3位は、不本意だった。

きっかけは前週「リゾートトラスト レディス」だ。予選同組になった松田をティショットの飛距離でオーバーすることなく、スタッツの数字以上に差を感じた。同大会2日目には渡邉彩香と同組になり「やっぱり振り切った方が、気持ちが前向きになれる。(スタッツを見て)どんどん自分の飛距離が落ちていると感じ、気持ち的にも下がっていた。今週は自分に活を入れ、振ろうと思った」

今大会開幕前日は永井花奈と並んで午後6時過ぎまで練習場に居残った。「体が痛いです(笑)。ただ試合で急に振ろうと思っても、いきなりは全然ダメですね…。かなり頑張って意識はしましたけど」。降雨の初日は平均飛距離274.50yd(計測は6番、9番)。ショットがイマイチという自己評価とは裏腹に高い数値を出した。

17年「全米女子オープン」では4日間平均飛距離1位に輝いた。目標は平均270yd。「いけるか、いけないかギリギリのところ。きょうはラフにもいったけど、(フルスイングでも)スコアも縮めていけると思う」と気持ちを新たにした。(新潟県長岡市/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ヨネックスレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。