ニュース

国内女子ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

痛恨ダブルボギーの2位ペ・ソンウ「最善を尽くした」

2019/05/12 17:29


◇国内女子メジャー◇ワールドレディスサロンパスカップ 最終日(12日)◇茨城GC東コース◇6560yd(パー72)

一騎打ちとなった最終日。渋野日向子と並び首位から出たペ・ソンウ(韓国)が4バーディ、2ボギー1ダブルボギーの「72」でプレー。通算11アンダーと伸ばせず、首位の渋野に1打届かず。2位で4日間を終えた。

3番でピン左4mを沈めバーディとしリードした。7番の2打目をミスしボールはギャラリーの中へ。ボギーとし再び並んだ。9番(パー5)で3打目をグリーン左のラフから10㎝にピタリとつけ一つ伸ばしたが、8番9番を連続バーディとした渋野に1打リードされた。「渋野さんのプレーがいい方向にいっていたので、自分のプレーに集中した」。

再び1打リードし迎えた、左ドッグレッグの14番で林越えを狙ったが、ボールは林の中へ。2打目は出すだけでボギーをたたき並ばれた。

「きょうのポイント」と振り返る、2打目地点の前に大木が立ちはだかる名物ホールの16番。左足下がりの2打目を21度のユーティリティで振りぬき「フックをかけようと思ったがプッシュアウトしてしまった」と右の林の中へ入れた。木の上を狙った3打目は枝に阻まれバンカーへ。「ボギーで上がろうと最善を尽くした」がダブルボギーとし2打差になった。

今季から日本ツアーに参戦。昨年の韓国ツアーで賞金ランキング2位になった25歳は、最後まであきらめることはなかった。最終18番(パー5)で10mを沈め、意地のバーディ。最後まで渋野にプレッシャーを与え続けたが、メジャーでの日本ツアー初優勝はならなかった。

目の前で優勝カップを手にした20歳の渋野について「とてもうまい選手でした」。それ以上の言葉は出てこなかった。唇をかみしめクラブハウスを後にした。(茨城県つくばみらい市/柴田雄平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。