ニュース

国内女子ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

辻梨恵は54ホールで1ボギー ハウスキャディ起用で気づき

2019/05/11 19:57


◇国内女子メジャー◇ワールドレディスサロンパスカップ 3日目(11日)◇茨城GC東コース◇6560yd(パー72)

初優勝を目指すプロ5年目、25歳の辻梨恵が2バーディ、ノーボギーの「70」で回り、通算4アンダーで14位から6位に順位を上げた。3日間54ホールで1ボギー(2日目の7番)の内容に「すごく調子がいいわけではないんですけど、ミスをしないようにマネジメントできたのが良かったのかな」と好調の要因を分析した。

<< 下に続く >>

この日は5番(パー4)でピンの左手前5mを沈めると、6番(パー3)では右手前4mを入れて2連続バーディとした。それ以外はすべてパーという安定したゴルフを展開した。

QTランキング29位の資格で参戦する今季は、開幕戦から第8戦「フジサンケイレディス」までに、6度の予選落ちと本調子とは程遠い状態だったが、前週の「パナソニックオープンレディース」を36位で終えるなど、調子をあげている。

昨年の最終QT(予選会)の時に「久しぶりに歩測や風の計算を自分でやって、その大切さを再認識した」という。今季は「何試合かはハウスキャディでやってみようと思った」と前週はハウスキャディを起用。「プロキャディさんに頼りすぎている部分があった。ずっと集中も保てて、色んな事考えながらゴルフができた」と振り返った。

すべてをひとりでこなし「さすがにクタクタになった」と今週はプロキャディを起用しているが、「歩測はやってもらってちょうどよく相談しながらやれている」という。

「このコースでボギーを少なく回れているのは自信になっている。トップが抜けちゃっているので、ビッグスコアを狙いながらボギーも打たないように、伸ばして終わりたい」と7打差から出る最終日にむけ意気込んだ。(茨城県つくばみらい市/柴田雄平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!