ニュース

国内男子アジアパシフィックオープン選手権ダイヤモンドカップゴルフの最新ゴルフニュースをお届け

飛距離は“ビリ”でも 50歳・手嶋多一が4打差に

2019/05/11 18:00


◇国内男子◇アジアパシフィックオープン選手権ダイヤモンドカップゴルフ 3 日目(11日)◇総武カントリークラブ 総武コース (千葉)◇7327yd(パー71)

首位から4打差以内の14人のうち、首位の浅地洋佑を含め8人が20代の若いリーダーボード。30代と40代がふたりずつ。そしてシニア選手である50代もふたり。53歳のプラヤド・マークセン(タイ)とともに、50歳の手嶋多一が通算イーブンパーの7位で3日目を終えた。

13位で迎えたムービングデーも目標は「ボギーを打たないこと」。手嶋は序盤にパーを並べた後、7番でボギーを先行させたが、スコアを落としたのはこれが最後だった。その後は9番と14番(パー5)でバーディを決め、「きょうはアンダーパーで回りたかった。結構グリーンにのった。軟らかかったのかな」と納得顔を浮かべた。

シニアらしく(?)、3日目までのドライビングディスタンス257.17ydは決勝ラウンド進出者でビリの60位。一方でフェアウェイキープ率59.52%で2位、パーオン率59.26%は3位につけている。

4月のシニアデビュー戦となった「金秀シニア 沖縄オープン」に続く“今季2勝目”のチャンスもあるが、「それはないです」と笑顔できっぱり。「勝つならもっと攻めないと。距離が出ないのでそうはいかない。4日間終わってアンダーパーで終わりたいと思っている。この難コースをアンダーで回れば自信もつく。これから先、まだ続きますから」

最終日も独自のターゲットを設定した。しっかりクリアすれば、タイトルが確実に近づきそうなコースコンディションでもある…。(千葉県印西市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 アジアパシフィックオープン選手権ダイヤモンドカップゴルフ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!