ニュース

国内女子フジサンケイレディスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

タクシー乗車で交通事故 鈴木愛は腰痛に苦しむも2位

2019/04/28 19:02


◇国内女子◇フジサンケイレディスクラシック 最終日(28日)◇川奈ホテルGC富士コース(静岡県)◇6376yd(パー71)

首位と5打差の7位から出た鈴木愛が4バーディ、ノーボギーの「67」でプレー。通算6アンダー2位に順位を上げた。それでも「ショットは3日間通してよかったが、パターが3日間とも入らなかったので、ほんとにイライラします」とグリーン上の不調を嘆いた。

問題のパットを「今シーズンに入って全然入らない。一番の生命線なのでスコアにならない」。今大会を終えた時点で平均パット数(パーオンホール)は1.7912で全体4位につけている。しかし、2017年賞金女王は「1.7台の後半だと勝負にならないと思っている」と理想は高い。

今週は腰痛にも悩まされた。「朝、素振りをしたときに『あ、やばい。ちょっと怪しいな』と思って、前半は恐る恐るって感じでしっかり振れなかった」と振り返る。

試合を休んでいた前週に交通事故にあったのが理由で、乗り合わせたタクシーが中型トラックと衝突し、腰を痛めた。幸い大事には至らず、いまはマッサージなどで痛みを和らげている。

2週間後には、国内女子ツアーのメジャー初戦「ワールドレディスサロンパスカップ」、5月末には海外メジャー「全米女子オープン」(米サウスカロライナ州・チャールストンCC)を控えるだけに「ちょっとまだ心配です」と不安そうな表情でクラブハウスを後にした。(静岡県伊東市/柴田雄平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 フジサンケイレディスクラシック




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには鶴岡果恋プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!