ニュース

国内女子フジサンケイレディスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

申ジエがツアー通算23勝目 「29」でハーフベストも更新

2019/04/28 18:38


◇国内女子◇フジサンケイレディスクラシック 最終日(28日)◇川奈ホテルGC富士コース(静岡県)◇6376yd(パー71)

首位と7打差の19位から出た申ジエ(韓国)が9バーディ、1ボギーとコースレコードを2打更新する「63」でプレー。7打差を逆転し、通算8アンダーで今季2勝目を飾った。31歳の誕生日を優勝で祝い、「韓国の親にプレゼントができた」と笑顔を見せた。

「6アンダーで回ればトップ10に入れる」と目標を立てスタート。前半3番、4番(パー5)を連続バーディとすると5番で3パットのボギーを喫した。「わたしもいいプレーがしたいとモチベーションをもらった」と前半に4つのバーディを奪った同組の松田鈴英のプレーが申の気持ちに“火”をつけた。

10番で残り130ydを9Iで右手前3mにつけてきて、バーディパットを沈めると、そこからが圧巻だった。11番(パー3)で手前3m、12番(パー5)で左5mを沈めて3連続バーディ。右4mを沈めた14番からも4連続バーディを奪った。「正直10番から18番まで、スコアも何連続バーディかも分からないくらい集中していた」と振り返る。

ツアーでの自身のハーフベスト「29」をたたき出し「アテストの時にスコアを見てびっくりした」。最終組が上がるまでは、練習場でプレーオフに備えた。

吉本ひかるの2打目が入らなかった時点で優勝が決まったが、「まだプレーしている選手がいたので喜びを表現するのは我慢した」という。吉本の初優勝を阻む形となったが、「これからだと思います。この経験が彼女のためになると思います」とエールを送る。

若手の壁になるという意識を強く持っている申。きょうも「後輩たちにさまざまなテクニックを見せたい」という思いを持ち、21歳の松田と24歳の松森彩夏とともに回った。「若い選手のパワーが攻撃的に変わった。すばらしいことだと思う。みんなのレベルが上がってきている。一緒に努力してレベルアップをしていきたい」。

31歳になっても衰えを感じさせない元世界ランク1位が、これからも日本ツアーを引っ張っていく。(静岡県伊東市/柴田雄平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 フジサンケイレディスクラシック




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。