ニュース

国内女子富士通レディースの最新ゴルフニュースをお届け

逆転で「TOTO」出場権を 権藤可恋が自己最高の2位発進

2018/10/13 07:45


◇国内女子◇富士通レディース 初日(12日)◇東急セブンハンドレッドクラブ(千葉県)◇6675yd(パー72)

23歳の権藤可恋(ごんどう・かれん)は5バーディ、1ボギーの「68」でプレー。首位と1打差の4アンダーとし、自己最高の2位タイ発進を切った。

後半の16番(パー5)でボギーをたたくも、続く17番ホール(パー3)で5mを入れてバウンスバックした。「ショットのフィーリングは良くなかったけど、ピンチをしのげた」と粘り強く戦った。

10歳からゴルフを始め、福岡第一高2年時には「全国高校ゴルフ選手権」を制した。開幕前日11日の誕生日を前に、ジュニア時代からしのぎを削ってきた同級生の柏原明日架永峰咲希堀琴音安田彩乃木村彩子にお祝いをしてもらったという。「途中でケーキが出てきました」と粋なサプライズに笑みがこぼれた。

賞金ランキングは36位(約2500万円)につけ、初シードをほぼ手中としたが、「3000万円に近づくまでは安心できない」と慎重だ。前週の「スタンレーレディス」では83位で7月下旬以来の予選落ちを喫し、「力が入りすぎた」と反省。「残りの試合もしっかりやって、稼ぎたい」と話した。

今大会終了後の賞金ランク35位までには、米ツアーも兼ねた11月開催「TOTOジャパンクラシック」(滋賀県・瀬田ゴルフコース北コース)の出場権が付与される。「(出るための)細かな計算はしていない。狙う、というよりも出場できるとなってもいいように準備をしたい」。それでも約300万円差で1ランク上にいる藤本麻子を抜き、「出たい」との本音もこぼれた。(千葉市緑区/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 富士通レディース




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。