ニュース

国内女子日本女子オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

世界4位のユ・ソヨン 実力通りの首位発進「あすも攻める」

2018/09/27 18:13


◇国内女子メジャー第3戦◇日本女子オープンゴルフ選手権競技 初日(27日)◇千葉CC野田コース (千葉県)◇6677yd(パー72)

同組で回ったアマチュアの安田祐香(滝川第二高3年)は「圧倒されました」と目を丸くした。畑岡奈紗は「いつも安定しているので、普通という感じ」と受け止める。元世界ランキング1位のユ・ソヨン(韓国)が、ボギーなしの7アンダー「65」で、後続に2打差をつける単独首位で飛び出した。

最終18番(パー5)。残り85ydからの3打目は、奥の段に切られたピンにわずかに届かず、バックスピンで転がり戻った。「15番では簡単なバーディパットを外してしまった。16番、17番は難しいし、バーディを獲れそうなホールは18番しかなかった。だから、普段より少し集中した」という8mのパットをカップに沈めてガッツポーズ。「とてもハッピー」と笑顔をみせた。

序盤の数ホールは、ティショットが乱れていた。メジャー大会のタフなセッティングに加え、小雨がぱらつき、気温も下がった。「最初は65を期待していなかった」という。だが、「私はゴルフを長くやっているから、他の人にはわからないような違いがわかる。たとえ(スイング中の)1.5秒の間でもそう。ダウンスイングで少しだけ待つようにした」と、ラウンド中にリズムを修正して、スイングは復調した。

「途中で、自分がロースコアを出すチャンスがあることがわかった。良いスコアが出せるチャンスがあるときには、良いスコアを出さないといけない」とギアを上げ、前半に3バーディ、後半に入っても4バーディを積み重ねた。

米国ツアー初勝利は2011年の「全米女子オープン」。他にも、カナダ(2014年)と中国(2009年)のナショナルオープンを制している。新たなタイトルを増やしたいかと問われると、「もちろん」と即答した。「特に日本女子オープンは、(宮里)美香、(畑岡)奈紗、(諸見里)しのぶが勝ったのをテレビで観ていた。2015年しかプレーしたことがないけれど、良いセッティングだし、勝てたら特別ね」とにやり。

現在の世界ランクは出場選手中最高の4位。「この(軟らかい)コンディションなら、ピンを積極的に攻めていくことになる」と、あしたもビッグスコアを目指していく。(千葉県野田市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 日本女子オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには丹萌乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!