ニュース

国内女子日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

“黄金世代”の浅井咲希 所属コースでレギュラー初の予選通過

2018/09/08 08:08


◇国内女子メジャー第2戦◇日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯 2日目(7日)◇小杉CC(富山)◇6605yd(パー72)

開催コースの小杉CC所属プロ・浅井咲希が通算3アンダー14位タイで予選36ホールを終えた。アマチュア時代に出場した2試合を含め、レギュラーツアー6試合目にして初の決勝ラウンド進出を果たした。

<< 下に続く >>

午前6時50分、全体トップのスタートとなった浅井は、ホールを進めるごとに勢いを増した悪天候と戦った。バーディを2つ獲ってから迎えた前半18番では、右ラフからの2打目を池の手前に刻み、残り122ydを9Iでピンそば60mにつけてパーセーブ。下部ステップアップツアーを主戦場にする20歳は「きょうはマネジメントに助けられた」と、知り尽くしたコースで喜んだ。

昨年のプロテストに合格した89期生、1998年生まれの“黄金世代”のひとり。中学時代に知り合った勝みなみとは、いまも自主合宿をともにする仲だ。同年代の選手の多くは通信制高校に籍を置いたが、浅井は中学卒業後に兵庫・滝川二高に進学した。ゴルフ部の女子寮がなかったため、尼崎市内の実家から毎日、電車で片道1時間45分をかけて登校。「ダッシュで帰ってきて」から、地元の練習場で腕を磨いた。

「学生時代にタイトルもなかった私にとっては、(同世代の)みんなは上の存在」だという。昨年、最終プロテストを戦った同コースと縁あって契約を結び、仲間たちはいまも目指すべき対象だ。「とりあえず所属として4日間プレーしたかった。きょうは意識して体が硬くなって、自分の思うスイングができず苦しかったんですけど、耐えてアンダーパーで上がれてよかった」と充実感たっぷりに話した。(富山県射水市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには三宅百佳選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!