ニュース

国内女子宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

今週2個目のイーグルで一時首位 17歳・安田祐香は「パターが入れば優勝できた」

2018/06/10 18:06


◇国内女子◇宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 最終日(10日)◇六甲国際GC(兵庫)◇6525yd(パー72)

宮里藍ベストアマチュア賞”に輝いたのは、滝川第二高3年の安田祐香と、韓国のイム・ヒジョン。ともに2000年生まれの17歳が、通算11アンダーの13位でタイに並んだ。

2打差の3位から出た安田は、4番(パー5)で残り107ydから48度のウェッジで直接沈め、今大会2つ目のイーグル奪取。一時は首位に並んだが、5番、7番でボギー、10番ではバンカーから1打で脱出できずにダブルボギーを叩くなど、中盤に後退した。

「(イーグルは)入ってびっくりしたけど、バーディと同じような感覚でやれました。緊張とかはあまりしなくて、でも緊張感のある中で、最終組の近くでやれてよい経験になりました」と、昨年の日本女子アマチャンピオンは華奢な体で振り返った。

「すごくショットが良かったので、パターが入れば優勝できたと思う」とさらり。レギュラーツアーは6試合に出場して、これで15位以内が3度目。全6試合で予選通過という安定感は、将来の活躍を予感させる。「もう少し飛距離を伸ばしたい。あと10ydは欲しいです」とさらなる目標を口にした。

一方、イムは「日本でのプロの試合は初めてでした。ギャラリーの方がたくさんいて楽しかったし、コースコンディションも素晴らしかった。皆さんも優しくしてくれて本当に楽しかったので、また機会があったら日本に来たいです」と、一週間の思い出に笑顔を見せた。4日間すべてをアンダーパーでまとめ、最終18番をバーディで締めて、ローアマチュアに輝いた。(兵庫県神戸市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

スペシャル対談 鈴木愛×セールスフォース代表小出伸一
女子プロゴルファー鈴木愛。2度のけがによる離脱をはねのけ、史上3人目の年間7勝。その彼女を支えてきた所属契約を結ぶ「セールスフォース・ドットコム」の小出伸一代表と2人のトップが熱く語った。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはS.ランクンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。