ニュース

国内女子宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

「水と友達にならないと」黄金世代・小滝水音は自称“雨女”

2018/06/08 19:02


◇国内女子◇宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 2日目(8日)◇六甲国際GC(兵庫)◇6525yd(パー72)

灰色の空から、しとしとと雨粒が落ちてくるあいにくの空模様。まるで自身の名前を表しているかのような一日に、小滝水音(こたき・みお)がノーボギーの5アンダー「67」でラウンドして、通算11アンダーの2位に上がった。

「めっちゃ雨女なんですよ」という。ゴルフをすれば雨ばかり。昨年のプロテストも、初日は大雨で中止になった。3歳から始めて中学卒業まで続けた水泳は「選手になろうと思った」というほどのめりこんだ。名前も含めて水とは縁が深いのだ。口癖のように「水と友達にならないと」とつぶやいた。

レギュラーツアー初出場(アマチュアとして「日本女子オープン」には2度出場)で、初日に8位発進した。「自信になった」とこの日も危なげない好プレー。「緊張はするけど、それが楽しい。見られてプレーするのが好き」と頼もしい。「私のパターの打ち方は独特で、遠くから見てもパッと分かると思うので、探してもらって、覚えてくれたらうれしいです」とアピールした。

ホールアウト時はリーダーボードの最上位に名前があった。「いまのうちに記念に写真を撮っておきたい」と笑ったが、週末はより多くの注目を集めそうだ。「少しは優勝も考えるけど、狙ってできるものじゃない。あすからも1日1アンダーで回れれば合格です」と目標はあくまで控えめ。あす3日目は最終組で、森田遥比嘉真美子とラウンドする。(兵庫県神戸市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

スペシャル対談 鈴木愛×セールスフォース代表小出伸一
女子プロゴルファー鈴木愛。2度のけがによる離脱をはねのけ、史上3人目の年間7勝。その彼女を支えてきた所属契約を結ぶ「セールスフォース・ドットコム」の小出伸一代表と2人のトップが熱く語った。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはS.ランクンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。