ニュース

国内女子ヨネックスレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

“鉄人”のキャディと初タッグ 22歳・木村彩子が7位発進

◇国内女子◇ヨネックスレディスゴルフトーナメント 初日(1日)◇ヨネックスCC(新潟)◇6422yd(パー72)

2015年のプロテスト合格者で22歳の木村彩子が3バーディ、1ボギーの2アンダー「70」とし、首位と4打差の7位と好スタートを切った。今季のQTランクは47位と、限定的な出場に限られる位置。6試合を終えた賞金ランクは94位におり、3週間後に迫ったリランキング(獲得賞金に応じて出場優先順を組み替える制度)に向けて「できれば今週で上位に上がりたい」と意気込んでいる。

「ショットはあまりよくなかったし、練習ラウンドでも不安な感じだった」としながら、真っ先に口にしたのは「いいスコアにまとめてくれた」というキャディへの感謝の言葉だった。今週初めてタッグを組むのは、ツアー最多241試合連続出場の記録を持つ表純子の夫でエースキャディの表広樹さん。現在、表が右肩の故障で離脱中とあり、今季は若林舞衣子フェービー・ヤオ(台湾)を中心にキャディを務めている。

木村が師事する仲村満コーチと、広樹さんが友人同士という縁で今回の初タッグが実現。広樹さんは表との夫婦コンビで2013年大会に優勝した実績があり、「得意なコースだしすみずみまで知っている」と胸を張る。木村も「メモを見なくても(グリーンの)ラインが分かっているし、詳しく知っている」と頼りにする存在だ。

木村はこれまで「自分の頭を鍛えるために」大会が用意するハウスキャディを使用してきたが、今回初めて帯同キャディを採用。コースマネジメントなど学ぶことも多いようで、「ショットが悪いと逃げてばかりになるけれど、ピンを狙う指示をもらえると前向きにいける」と多くの刺激を受けているようだ。(新潟県長岡市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 ヨネックスレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

「GDOゴルフニュース速報アプリ」でログインしてレアグッズが当たるプレゼントキャンペーンを実施中!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには吉本ひかるプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。