ニュース

国内女子ヨネックスレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

森田遥に熱視線 用品&スポンサー契約は9社に急増

2018/06/01 18:49


◇国内女子◇ヨネックスレディスゴルフトーナメント 初日(1日)◇ヨネックスCC(新潟)◇6422yd(パー72)

今年2月にヨネックスと用具契約を交わし、今大会にはじめてホステスプロとして臨んだ森田遥は、初日を4バーディ、ボギーなしの4アンダー「68」でホールアウト。首位と2打差の2位発進とし、まずは主催スポンサーの期待に応える滑り出しをみせた。

森田にとっても初めてのホステス大会。「(スタートホールの)1番のティショットは、普段の3倍くらい緊張した」と、いつもとは違う雰囲気を肌で感じ取っていた。このショットは「例年、左にしかいかない」という苦手なイメージがあったが、無難にフェアウェイへ運んでホッと一安心。「緊張は最初のティショットだけだった」と、その後は無傷のノーボギーラウンドにつなげた。

海外進出にも意欲的で、2015年には米国下部ツアーでプロ初優勝。国内ツアーでも17年8月の「北海道meijiカップ」で初優勝を飾り、着実にトッププロへの道を歩む21歳への期待値は高い。16年には全日本空輸、今年からジャガー・ランドローバーと契約するなど、用品や企業スポンサーとの契約先はすでに9社にのぼる。

<用品契約>
・ヨネックス(クラブ、シャフト、キャップ、グローブ、パラソル)
・タイトリスト(ボール)
・Eyevol(サングラス)
・アディダス(ウエア、シューズ)

<その他の契約>
・全日本空輸、RIZAP、コーセー、ジャガー・ランドローバー、中国信託

キャップやウエアにはところ狭しと各ブランドのロゴが。森田は「成績を残すことが一番だし、スポンサーさんが付いたから頑張らないといけないと思っています。成績で(恩を)返せるように、自分ができることを精一杯やるだけ」と表情を引き締めた。(新潟県長岡市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 ヨネックスレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!1月のマンスリーゲストには今綾奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。