ニュース

国内女子KKT杯バンテリンレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

「レベルをあげたい」鈴木愛は21年ぶり3試合連続優勝なるか

2018/04/13 20:44


◇国内女子◇KKT杯バンテリンレディスオープン 初日(13日)◇熊本空港CC(熊本県)◇6428yd(パー72)

昨季の賞金女王・鈴木愛は最終18番(パー5)に5mのバーディパットを決めて1アンダーの4位タイ。出場3試合連続優勝に向け好発進を切りながら、「アンダーで回れたことは良かったと思う。でもチャンスにつかなかったし、一日を通して良いゴルフができたという感じではない」と厳しめの自己評価を下した。

天候次第で上下するが前年の優勝スコアが通算4アンダーだった今大会は「グリーンは硬いし、周りの芝もやっかいなので、なかなか寄せることが難しい。ラッキーのないコース」と分析。3バーディ、2ボギー「71」にまとめたが、「すっきりできたラウンドではなかった。フラストレーションは溜まった感じ」と語った。

2週前に出場した米メジャー「ANAインスピレーション」(76位)から帰国し、前週「スタジオアリス女子オープン」では優勝。今季は日本ツアー4試合の出場で、3位タイ、2位、優勝、優勝の成績。かりに出場3試合連続優勝になると1997年の福嶋晃子以来で日本人2人目になる。

好調を維持しながらも「去年賞金女王になれたことはうれしかったけど、自分の目標だった3勝(年間2勝に終わった)は無理だった。だから、そこで満足はできなかった。もちろん感覚の良いパットを打てれば、必ず入るかといわれるとそうではないと思う。だけどレベルをあげたい」と言い、足早に練習場に向かった。(熊本県菊陽町/林洋平)

関連リンク

2018年 KKT杯バンテリンレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには田村亜矢プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~