ニュース

国内女子KKT杯バンテリンレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

上田桃子は雪辱誓う「1年で最も頑張りたい気持ち」

2018/04/12 19:41


◇国内女子◇KKT杯バンテリンレディスオープン 事前(12日)◇熊本空港CC(熊本県)◇6428yd(パー72)

涙の逆転負けから1年。熊本出身の上田桃子は「あっという間で、もう来たのかという感じ。1年の中で最も頑張りたい気持ちが強い」と意気込んだ。

この日はプロアマ戦で最終調整。ジュニア時代から何度も回ったコースに「ヤーデージブックもいらないくらいコースのレイアウトが頭にある。ドッグレッグも多くて、ティショットがカギになるけど、(知っている分)マネジメントはしやすい」と語った。

前年大会は最終日最終18番(パー5)まで単独トップだったが、ウィニングパットになるはずだった1m弱を外してボギー。西山ゆかりに並ばれ、同じく18番で行われたプレーオフ1ホール目で池ポチャして敗れた。「今週も練習ラウンドをしていて、(外したパットは)何度打っても入る距離だった。どうして外したのかと思うし、悔しさもある」。

2年前は開幕前夜に熊本地震が発生し大会が中止。上田自身も被災し、自宅の建て替えを余儀なくされた。前年大会は1LDKのアパートから通ったが「今年は新しく建った家から通えているから月日の流れも感じる。でも、うちの近所では、いまだに壊している途中の家もあって」という。

不動裕理古閑美保有村智恵笠りつ子ら多くの一流プロが同県出身だ。「ここ熊本はゴルフの県っていう感じがある。ゴルフ好きな人たちばっかりだし、やっぱり私たちゴルファーが盛り上げたい」と上田は誓う。「コンディションは100点ではないけど、平均点まではもってきた。わたしも頑張って、新しいドラマが起きたらいい」と力を込めた。(熊本県菊陽町/林洋平)

関連リンク

2018年 KKT杯バンテリンレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~