ニュース

国内女子ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

若手とおばちゃんには負けるな? 川岸史果は雪辱Vへ視界良好

2018/03/01 19:26


◇国内女子◇ダイキンオーキッドレディス 初日 (1日)◇琉球GC(沖縄県)◇6558yd(パー72)

風速5m/s超えの沖縄でもパーオン率89%。正確なショットで23歳の川岸史果が6バーディ、1ボギーの「67」とし、5アンダーの首位発進を決めた。

「朝イチは久しぶりの試合で緊張感があったが、バーディスタートが切れたので、きょうはいい流れでできました」。前半1番で118ydから9Iで5mにつけてバーディ発進を決めると、13番(パー3)からも連続バーディと順調にスコアを伸ばし、トップに躍り出た。

昨年は3日目を終えた時点で2位に2打差をつけて首位に立っていたが、アン・ソンジュ(韓国)に逆転され、1打差で優勝をさらわれた。当時は2016年末に手術をした右足腓骨(ひこつ)を気にしながらのプレーだっただけに「今年は痛みがなくて足首が気にならない分、いいプレーができた」。起床後のケアを入念に行うなど、状態の良さに胸を張った。

昨年9月の「マンシングウェアレディース」でツアー初優勝。賞金ランキング7位で終えるなどブレークした。父の男子プロゴルファー川岸良兼からは「『おれの肩身が狭くなった』と言われました。でも機嫌が悪い感じは減りましたかね」。開幕前にもLINEで連絡があったといい「『若手とおばちゃんには負けるな』と。おばちゃんって誰ですかね?」と笑った。

「きょうはいいスタートが切れたので、あと3日間どうなるか分からないが、毎日アンダーで回っていけば上位争いは間違いない」。2017年のドライビングディスタンスは全体2位の257.45yd。正確かつ力強いショットを武器に1年前の雪辱を果たす。(沖縄県南城市/玉木充)

関連リンク

2018年 ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~