ニュース

国内女子LPGAツアー選手権リコーカップの最新ゴルフニュースをお届け

鈴木愛は4年ぶりの日本人女王へ「優勝して決めるのが一番」

2017/11/22 17:29


◇国内女子メジャー第4戦◇LPGAツアー選手権リコーカップ 事前(22日)◇宮崎CC(宮崎県)◇6448yd(パー72)

4年ぶりの日本人賞金女王を目指す鈴木愛が最終調整を行い、「調子は悪くない。勝つチャンスはある。優勝して決めるのが一番」と重圧のかかる大一番を見据えた。

<< 下に続く >>

賞金ランキングトップで迎えた最終戦。キム・ハヌルイ・ミニョン申ジエ(すべて韓国)が優勝を逃した時点で自身初のタイトルが決まる。単独6位以上で自力での戴冠となるが、「6位を考え過ぎるとあまり良くない。とにかく上を目指す」と力強く答えた。

小雨が降り続いた開幕前日。今季2勝をともにした小畑貴宏キャディを携え、アウト9ホールを約2時間45分かけて入念に確認した。芝目が強い高麗グリーンについて「ラインが読みにくいところがある。ショットの調子はかなり良いのでパターが入ればという感じ」と印象を語った。

鬼門に挙げるのは「前半3番」。412ydのパー4は、フェアウェイがティグラウンドから向かって右側に大きく傾斜し、中央近くの木がティショットの落としどころを狭くする。ドローヒッターの鈴木は「木を狙って打って(フェアウェイの)右傾斜をつたって右ラフに行くとオーケーと思って打つんですけど…。かなり難しくて、結局毎回、木の後ろにいってしまう」と警戒しながら、「あの木を切って欲しいです」と笑いを誘った。

重圧を抱えたシーズンは今週で終わる。10月の「富士通レディース」から7連戦目。鈴木を追う賞金ランク2位以下の4人は海外選手で、孤軍奮闘の展開もあり人目を気にする生活に変わった。応援は素直にうれしいが、いつしか周囲から聞こえるヒソヒソ声も気になりはじめた。母の美江さんは言う。「終盤はあんまり外に出なくなりましたね。コンビニに行っても車から降りなくなって」。

2013年の森田理香子以来の日本人女王へ。初日は賞金ランク2位のキムと、2人でのラウンドになる。「久しぶりに女王争いは、最終戦までもつれこんだ。期待もされていると思う。多少なりともプレッシャーはある」。重圧を越えた先に、歓喜がある。(宮崎県宮崎市/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 LPGAツアー選手権リコーカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには三宅百佳選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!