ニュース

国内女子樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

福嶋浩子は指導のプロ 不振脱却に向けた自分へのアドバイス

2017/10/27 19:25


◇国内女子◇樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント 初日(27日)◇武蔵丘GC(埼玉)◇6580yd(パー72)

指導のプロフェッショナルに復調気配が漂った。福嶋浩子が6バーディ、1ボギーの「67」で回って首位と1打差の5アンダー2位につけた。賞金ランク93位と低迷しており「久しぶりに晴れて、(このスコアで)本当に嬉しい」と安堵の表情を見せた。

<< 下に続く >>

昨年ツアー初優勝を挙げた遅咲きの40歳は、長年相次ぐケガに苦しんでいる。「右手の薬指は長く治療して大丈夫になった」が、今は首のヘルニアが悩み。「お年頃なんでね」とおどけたが、万全のコンディションでは戦えない日々だ。

今シーズンのトップ10入りはいまだゼロ(昨季は3回)。不振も故障から始まり、極度のショット不振に陥った。「痛い部分をかばおうとして、前のめりになって構える。そうすると、バックスイングを上げにくかった」と分析する。

要因を突き止めたベテランはどうしたか。『ティーチングプロフェッショナル資格A級』を所持する福嶋は、自身がアマチュアに指導するときにかける言葉を思い返した。

「アマチュアのバックスイングが上がりにくいという方に(自分は)何と言って指導しているんだろうって? 『右足を少し引いて、右足のつま先を少し開いて』と言うんです。だから私もそれをやってみようと」

右足を引いて構えると問題は解決し、ここ数試合で見違えるほどショットの改善を感じた。この日の前半13番では左ラフからの残り144ydを7Iで1mに止め、 後半2番では2打目を9Iで1mにつけてともにバーディ。「疲れてきたときに右足に重圧が乗ると左に出るミスが増える」と課題を残すが、「すごく(スイングは)楽になった」と笑顔で語った。

賞金ランク50位以内の来季シードは遠く、現実的な目標は「正直言って、気持ちは予選会(QT)に向いている。いまの状態で優勝やシードを目指すと(調子が)逆戻りになるかもれない」と最終予選会(11月28日~)に目を向けるが、「飛ばし屋有利の舞台でも(このスコアで)回れた。半歩でも前に進めれば良いと思う」と、うなずいた。(埼玉県飯能市/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには澁澤莉絵留プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!