ニュース

国内女子日本女子オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

畑岡奈紗「いまは楽しみ」 チャンピオンズディナーでは乾杯の音頭も

2017/09/27 19:43


◇国内女子メジャー第3戦◇日本女子オープンゴルフ選手権競技 事前情報(27日)◇我孫子ゴルフ倶楽部(千葉県)◇6706yd(パー72)

開幕前日の練習ラウンドは、ナショナルチームの揃いのウェアに身を包んだ吉本ここね佐渡山理莉古江彩佳の3選手とともにこなした。1年前にアマチュアとして大会を制した畑岡奈紗は、プロになって、ディフェンディングチャンピオンとして、再びこの舞台へと戻ってきた。

<< 下に続く >>

「いまは楽しみです」と、開幕前の記者会見でも表情は明るかった。「ショットも引き続き、良い感じでできると思う」と、前週優勝の余韻も残っている。「先週勝てたのは大きいと思う」と、大会連覇に向けての意気込みも高らかだ。

この日の練習ラウンドでは、グリーン周りのアプローチを入念にチェックした。「あすは(雨で)少し飛ばなくなると思うので、グリーン周りのアプローチとかでしのいでいけたらいい」と、悪条件を想定した練習。「そういうところで拾っていかないと、連続ボギーが出てしまうコース。気を付けたい」と警戒した。

開幕前日は、歴代優勝者たちが集うチャンピオンズディナーが催された。このディナーでは、ディフェンディングチャンピオンがスピーチとともに乾杯の発声をすることが恒例となっている。「さっき聞いたけど、そういうのをやったことがないので緊張しています・・・」と、さすがに18歳にとっては未経験のシチュエーション。だが、いざその場に立つと「樋口さんや諸先輩方のように複数回優勝をしたいと思う」と力強く宣言。「若輩者ではありますが・・・」と前置きしながらも、きっちりと乾杯の音頭をとっていた。(千葉県我孫子市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 日本女子オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!