ニュース

国内女子ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

夢をつなぐ大きな1勝 畑岡奈紗は国内ツアーの地盤確保

2017/09/24 16:00


◇国内女子◇ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン 最終日(24日)◇利府GC (宮城)◇6551yd(パー72)

世界で勝つために―。夢をつなぐ大きな1勝を自ら手繰り寄せた。首位タイで出た畑岡奈紗が8バーディ、1ボギーの「65」でプレーして、通算13アンダーで逃げ切ってプロ初優勝。アマチュアで制した2016年10月の「日本女子オープン」に続く国内ツアー2勝目をマークした。

最終組で出ると、1番ではフェアウェイから残り103ydの第2打をピンの根元に落とし、奥2mにつけた。このバーディチャンスを確実に沈め、唇の端をキュッと結び気合いを入れ直した。6番をボギーとしたものの、7mを流し込んだ7番(パー3)から3連続バーディを奪ってトップを守り続けた。

「緊張感があった」という後半は「スイングのテンポと、呼吸が浅くならないよう」意識し12番、13番でバーディを連取。バックナインの難関15番(パー3)をパーで切り抜け、「安心した」と4打リードを保った終盤で肩の荷を少しだけほどいた。

最終18番(パー5)では残り228ydの第2打を、グリーン奥のバンカーにこぼした。リカバリーショットはピンを5mほどオーバー。下りのスライス。「苦手なラインが最後に来たけど、練習どおりに打ったら入ってくれた」と、ボールがカップに消えてバーディ締めとし、両手を挙げて喜んだ。

「スポンサー(ダンロップスポーツ)大会で優勝することができて本当にうれしい。アメリカで成績を残せなかった分、勝つことがいちばんの恩返しだと思っていた。そういう気持ちが強かったと思う」と話した。この優勝で、日本ツアーでは来年の今大会までの出場資格を確保し、ツアー正会員の登録を申請する意向を示した。

主戦場を日本にするのか、米国にするのか、揺れ動く気持ちはまだある。「アメリカで自分のゴルフが全くできず、ここに来てようやく調子を取り戻すことができた。まだ戦えるかもって…」。母国での地盤は1年間ある。あとは伸び伸びと夢に向かって邁進するだけだ。(宮城県利府町/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
2020年上半期にお届けしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。未曾有の事態に直面した半年間を、ランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには瀬戸瑞希選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!