ニュース

国内女子ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

高額賞金よりも「優勝」を優先!2年目の永井花奈が4位発進

2017/09/01 18:26


◇国内女子◇ゴルフ5レディス 初日(1日)◇ゴルフ5カントリーオークビレッヂ(千葉県)◇6373yd(パー72)

2016年のプロテストでトップ合格。ツアー2年目の永井花奈が4バーディ、3ボギーの1アンダー「71」として、首位と2打差の4位発進とした。

「練習グリーンより重くてショートすることが多かった」と、グリーンのタッチが合わず、序盤はパー行進。だが、8番(パー3)で6Iでのティショットを1.5mにつけて初バーディとすると、「気持ち的に楽になった」。雨風の難コンディションの中、最終18番は右の林からの2打目を6Iで木の上を抜いて上3mへ。同組の香妻琴乃のラインも参考にして、最後はカップの周りをくるりと回ってカップイン。「ラッキーでした」とバーディで締めくくった。

前週の「ニトリレディス」は賞金総額1億円。次週はメジャー大会で総額2億円の「日本女子プロ選手権」が控えている。賞金総額6000万円の今大会をスキップする選手も多く、今季の賞金シード50人中、フィールドにいるのは31人だけ。「賞金は来週の方が高いけど、“勝つ”ってなったら今週の方がチャンスはある。勝ちたい気持ちは強いです」と、永井のような若手選手にとっては、逆に“狙い目”の大会となっている。

今週火曜日には、大好きなプロ野球・広島の観戦に東京ドームを訪れた。昨年のプロテスト前にも観戦して「(結果が)良かったから」と、ゲン担ぎの一面もあると笑う。「コースが難しいし、飛ばし屋だけじゃなくチャンスがあると思う」と、ツアー初優勝に視線を定めた。(千葉県市原市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには鶴岡果恋プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!