ニュース

国内女子山陰合同銀行Duoカードレディースの最新ゴルフニュースをお届け

感涙の勝みなみ ステップアップツアー創立200試合目でプロ初優勝

2017/08/25 18:44


◇国内下部ステップアップツアー◇山陰合同銀行 Duoカードレディース 最終日(25日)◇大山平原ゴルフクラブ(鳥取県)◇ 6461yd(パー72)

国内女子下部ツアー「山陰合同銀行 Duoカードレディース」で勝みなみが7月のプロテスト合格後、初の優勝を手にした。5位から出た3日間大会の最終日、1イーグル4バーディ、1ボギーの「67」で回り通算8アンダーで逆転に成功した。

1番(パー5)、残り200ydの第2打を4UTでピンそば5mのチャンスを作った勝は「2パットバーディでいい」と思って打った3打目でカップを鳴らしイーグル発進。7番(パー3)でチップインバーディを奪い、後半は10番から2連続バーディ。5mを流し込んだ13番でスコアを伸ばした。

プロ初タイトルを意識したのは終盤16番。これまでは優勝を意識し始めると、崩れる傾向にあったというが、「(後続と)2打差。そこからやる気が出てショットが安定し始めた」と強い気持ちでパーを拾った。「気持ちが一番。最後まで自分を見つめてプレーすることができた」と振り返った。

鹿児島高1年時に出場した2014年4月「KKT杯バンテリンレディスオープン」で、国内女子ツアー史上4人目のアマチュア優勝を最年少(15歳293日)で達成。ツアー2勝目を狙い、以降もアマとしてレギュラーツアー57試合に出場したが、2勝目には届かなかった。

ホールアウト後には思わず涙が込み上げた。「去年、一昨年とずっと苦しかった。思ったプレーができず、結果だけを求めて(自分に)プレッシャーをかけて。優勝できるようなショットでもないし、体づくりも不十分なのに…腹が立って悔しかった、情けなかった」と当時の心境を思い返した。

1991年からスタートした国内女子下部ツアーは今大会が節目の200試合目。「すごい!すごい!すごい!(LPGA)50周年の年(2017年)にプロテスト合格、200試合目で優勝できて本当にうれしい」と笑顔。「残りの試合も自分のプレーをして楽しく回ることが目標」と話した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 山陰合同銀行Duoカードレディース




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには丹萌乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!